現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タイヤ脱落事故はなぜ起こる? タイヤ交換1か月後には必ず締め具合の点検を!

ここから本文です

タイヤ脱落事故はなぜ起こる? タイヤ交換1か月後には必ず締め具合の点検を!

掲載 更新 1
タイヤ脱落事故はなぜ起こる? タイヤ交換1か月後には必ず締め具合の点検を!

冬期にタイヤ脱落事故が増える理由とは?

11月14日に北海道札幌市で軽乗用車のタイヤが脱落し、70m先の歩道を歩いていた女児に直撃するという痛ましい事故が起きた。また、同じく11月17~29日にかけても道内で複数のタイヤ脱落事故が起きている。そこで今回は、国土交通省が発表している大型車のタイヤ脱落事故に関するデータをもとに、一般乗用車にも共通するであろう注意事項や自分でできる点検方法を紹介する。■冬期にタイヤ脱落事故が増える理由国土交通省の調べによると、ホイール・ボルトの折損等による大型車の車輪脱落事故は2002年4月から2022年3月末までに1188件発生しており、2018~2022年度まででは、11月~1月にかけて事故発生が集中している。まず、タイヤ脱落事故の時期的な要因として挙げられるのが、冬用タイヤの交換後であるということだ。北海道での事故報道が多いのはこの冬用タイヤの交換時期が早いことが原因であり、12月になると本州での事故が増え始めることになる。

冬用タイヤへの交換時期はいつが限界? 全国各地の初雪カレンダーをチェック【2023/24冬シーズン】

左後輪が脱落しやすい?

次に、どのタイヤが脱落しやすいかについても確認しておこう。タイヤの脱落は「左後輪」に集中する傾向にある。国土交通省がまとめた各自動車メーカーからの報告によると、2022年度のデータでは、右前輪が2%、右後輪が3%、左前輪が1%、そして左後輪が94%と極めて偏っており、これは過去3年間においても同様の結果が出ている。では、なぜ左後輪が脱落しやすいのか。・進行方向に回転するタイヤ対し、左側のタイヤはナットが緩む方向に力が働いている。・道路の形状は道路脇に排水するために中央が高くなっているため、左側がわずかに低くなり、左側走行である日本では左のタイヤに負荷がかかりやすい。・左折時は旋回が小さくゆっくり進むため、左後輪タイヤがねじれて負荷がかかる。・右折時は加速して遠心力が生まれるため、左後輪タイヤに負荷がかかる。このような条件が複雑に作用していると考えられている。ただし、直近の北海道のタイヤ脱落事故においては左前輪や右前輪が脱落しているため、乗用車の場合はまた違う要素が絡んでいる可能性もある。

そもそもタイヤ脱落事故はなぜ起きるのか?

国土交通省では、タイヤ脱落事故の発生原因は「タイヤ交換時の作業不備」と「タイヤ交換後の保守管理の不備」の2つの要因と推定している。前者のタイヤ交換時の作業不備とは、規定の締付トルクで締めていない可能性や、ホイール・ボルト・ナット等の錆やゴミを充分に取り除けていないことを指す。後者のタイヤ交換後の保守管理不備は、増し締めや日常点検が適切に行われていないことを指している。基本的にタイヤは正しく締め付けを行っても、走行しているうちに緩み(初期なじみ)が発生する。この増し締めを行わない人もいるそうだが、タイヤ脱落はタイヤ交換後から1か月までの間に発生しやすいことが分かっていることから、タイヤ交換後に50~100kmほど慣らし走行をしたら、必ず点検を行うようにしよう。

増し締めと、すぐに試せる簡易点検

次に、タイヤ交換後に必要な増し締めについて説明する。増し締めとは、規定のトルクよりも強くナットを締め付けるものではなく、ナットの緩みを再確認するものだ。ここで逆に強く締め付け過ぎてしまうと、ナットの破損や、他のナットが緩むことになりかねないので注意が必要だ。トルクレンチという締め付け値が分かるトルクレンチがあれば、自分で行える。メーカー規定のトルク値を設定し、締めたナットの対角線上にあるナットから順に締めていこう。トルクレンチがなかったり、作業に自信がない場合は、ディーラーや整備工場、タイヤ店に依頼したい。他にも手軽な点検方法として、油性マジックでマーキングを行い、ホイールに対するナット位置のズレで、調整の必要性を目視判断する方法もある。ただし、乗用車の場合はナットが窪みに埋まっているようなホイールデザインが多いので、やはりトルクレンチでしっかり確認するのが安心だ。

タイヤ脱落事故は、やはり寒い地域の方が発生件数も多くなる。寒い地域ではタイヤ交換の機会が多いからだろう。また、2022年度に発生した大型車のタイヤ脱落事故140件のうち、73件(52%)が自身での交換後、35件(25%)がタイヤ専業店での交換後、25件(18%)が自動車整備事業者でのタイヤ交換後の事故であった。プロのタイヤ交換の方が事故数は少ないものの、プロに依頼しても脱落事故は発生している。なぜかというと、交換時に正しい規定トルクで締めてあっても、初期なじみで緩むためだ。これには、素人もプロも関係ない。タイヤ脱落を防ぐには交換後しばらくしての増し締めが欠かせないことを覚えておいてほしい。また、それ以外にも、ボルト・ナットの錆や汚れ、油分の不足なども脱落事故の原因になる。これらの異変に気付くためにも、日常的なタイヤ点検を習慣化しよう。

関連タグ

こんな記事も読まれています

ホンダ新型「“スポーティ”セダン」世界初公開! 斬新ハンドル&モニター&鮮烈“レッド内装”採用! ド迫力ボディがカッコイイ「GT C」登場
ホンダ新型「“スポーティ”セダン」世界初公開! 斬新ハンドル&モニター&鮮烈“レッド内装”採用! ド迫力ボディがカッコイイ「GT C」登場
くるまのニュース
ホンダ「N-VAN」 アウトドアスタイルな特別仕様車「スタイル+ ネイチャー」発売
ホンダ「N-VAN」 アウトドアスタイルな特別仕様車「スタイル+ ネイチャー」発売
グーネット
マクラーレンの新店舗が横浜みなとみらいにオープン、さらにアルトゥーラ スパイダーを日本初公開 2つの相乗効果にせまる
マクラーレンの新店舗が横浜みなとみらいにオープン、さらにアルトゥーラ スパイダーを日本初公開 2つの相乗効果にせまる
AUTOCAR JAPAN
HRCホンダレーシングが、日の丸カラーの『シビックタイプR』でスーパー耐久2024年シーズンに挑む
HRCホンダレーシングが、日の丸カラーの『シビックタイプR』でスーパー耐久2024年シーズンに挑む
レスポンス
”フェラーリ経験者”のアラン・プロスト、ハミルトンの跳ね馬移籍を語る「決断は理解できるが、溶け込むのは簡単じゃないよ」
”フェラーリ経験者”のアラン・プロスト、ハミルトンの跳ね馬移籍を語る「決断は理解できるが、溶け込むのは簡単じゃないよ」
motorsport.com 日本版
世界初公開の「小さな高級車」いきなり車名変更! 新車発表から「わずか“6日”」で急転直下の大決定! 何があった!?
世界初公開の「小さな高級車」いきなり車名変更! 新車発表から「わずか“6日”」で急転直下の大決定! 何があった!?
くるまのニュース
30年前、アイルトン・セナが岡山でベネトンへの“疑い”を強めた日:1994年F1パシフィックGP
30年前、アイルトン・セナが岡山でベネトンへの“疑い”を強めた日:1994年F1パシフィックGP
motorsport.com 日本版
好調の角田裕毅が語る、感情コントロール。“暴発”抑えるよう心がけ「慣れてないから神経を使うけど……レースで結果がついてきている」
好調の角田裕毅が語る、感情コントロール。“暴発”抑えるよう心がけ「慣れてないから神経を使うけど……レースで結果がついてきている」
motorsport.com 日本版
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
レスポンス
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
月刊自家用車WEB
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー「250シリーズ」が520万円~で発売開始!丸目ランプの ZX"First Edition"とサンドカラーのVX"First Edition"は、限定8000台の特別枠だった
トヨタ ランドクルーザー「250シリーズ」が520万円~で発売開始!丸目ランプの ZX"First Edition"とサンドカラーのVX"First Edition"は、限定8000台の特別枠だった
Webモーターマガジン
知らない土地を走るときは「ローカル・ルール」にご注意!「名古屋走り」や「茨城ダッシュ」の意味をご存知ですか?
知らない土地を走るときは「ローカル・ルール」にご注意!「名古屋走り」や「茨城ダッシュ」の意味をご存知ですか?
Auto Messe Web
マツダばかりの2日間! 「MAZDA FAN FESTA 2024 IN TOHOKU」は老若男女がモータースポーツを楽しめるコンテンツ満載だった
マツダばかりの2日間! 「MAZDA FAN FESTA 2024 IN TOHOKU」は老若男女がモータースポーツを楽しめるコンテンツ満載だった
WEB CARTOP
【日本にも導入予定】マツダ、3列SUV「CX-80」を欧州で発表…伸びやかなスタイリング
【日本にも導入予定】マツダ、3列SUV「CX-80」を欧州で発表…伸びやかなスタイリング
driver@web
F1第5戦、2019年以来久々の中国開催、しかもスプリントレースフォーマットで混戦必至!?【中国GP プレビュー】
F1第5戦、2019年以来久々の中国開催、しかもスプリントレースフォーマットで混戦必至!?【中国GP プレビュー】
Webモーターマガジン
これもフォーミュラEの魅力? 日産ローランド、エネルギー節約の団子レースは「新しいファン層を作るきっかけになる」
これもフォーミュラEの魅力? 日産ローランド、エネルギー節約の団子レースは「新しいファン層を作るきっかけになる」
motorsport.com 日本版
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
WEBヤングマシン

みんなのコメント

1件
  • 葛葉恭次
    底辺層carview!おじさんの主張ではトヨタのせいらしいよ?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村