サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2019年、すべての新車の中から決まる“ナンバー1”の栄冠はどのバイクに輝く!?『総合Class BEST3』を発表!【JAPAN BIKE OF THE YEAR 2019】

ここから本文です

2019年、すべての新車の中から決まる“ナンバー1”の栄冠はどのバイクに輝く!?『総合Class BEST3』を発表!【JAPAN BIKE OF THE YEAR 2019】

新型KATANAをはじめ、話題のニューモデルがたくさん登場した2019年。月刊オートバイの読者の皆さんで選ぶ人気バイクナンバー1決定戦「JAPAN BIKE OF THE YEAR2019」。総合クラスでは、ビッグバイクから原付にいたるまで、すべての新車の中から人気ナンバー1を選ぶトップカテゴリー。果たして、2019年の「イチバン」はどのバイクの手に!?
(※月刊オートバイ 2019年10月号より)

カテゴリーの枠を超えて人気ナンバー1を争う!
1年間で、どのバイクが一番人気があるのかをみんなの投票で決める月刊オートバイ恒例の「ジャパン・バイク・オブ・ザイヤー」。

原付二種の新たな冒険バイクHonda「CT125」を徹底紹介!

1978年から実に41回開催されてきた年に一度の大イベントなわけだが、この「総合クラス」は、2019年発売の新車の中から人気ナンバー1を決める、いわば「キング・オブ・キング」を決めるクラス。

投票方法は他のクラスとはちょっと異なり、好きなバイクの1位から3位までを皆さんに投票していただき、それぞれの得票に応じて「1位指名=5ポイント」「2位指名=3ポイント」「3位指名=1ポイント」で換算。

すべてのポイントを集計した上でランキングを算出しているのだ。

今回総合トップの栄冠に輝いたのはKATANA。2位のZ900RSに1万ポイント以上の差をつけての勝利だった。3位に入ったのは、なんと250クラスのVストローム250、4位に入ったのはSR400だ。

このクラスでは、どのバイクも対等。総合ナンバー1を争うクラスだからビッグバイクが強い、というわけではないのもまた面白いところだ。

第1位 35796POINTS
SUZUKI KATANA

栄えある総合1位に輝いたのは新型KATANA!

昨年のセンセーショナルなデビューから半年以上が過ぎても、その衝撃と興奮はいまだ冷めないが、その熱気が投票にも反映された形だ。

スポーツ性能を磨いて新世代のストリートファイターとして誕生したKATANAの「新たなる伝説」が始まる!

「今年の1台」にみんなが指名したのはKATANA

実に3万以上のポイントを獲得して、2019年度の「ジャパンバイクオブザイヤー」を制したのはスズキのKATANA! この総合クラスの場合、読者の皆さんに「2019年度の1位から3位」を投票していただき、その順位に応じてポイントを加算して総合得点を算出するのだが、今回のKATANAの場合、ほとんどが1位としての投票で、2位、3位としての投票数は少なかった。

つまり、今年に関しては、ほとんどの人がKATANAを「ナンバー1バイク」として指名していたということになるのだ。それだけインパクトがあり、期待も大きいということだろう。

ファーストカタナ(GSX1100S)はドイツ人、新しいKATANAはイタリア人という違いはあれど、どちらも海外のデザイナーの作品がルーツ。

そしてデビューはどちらもドイツのケルン。加えて、デビュー直後の“賛否両論”まで同じ。ファーストカタナのヒットを考えれば、新型KATANAの人気はもはや確定している?

SPECIFICATION
全長x全幅×全高2130x835x1110mm
ホイールベース1460mm
シート高825mm
最低地上高 140mm
車両重量215kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量999cc
ボア×ストローク73.4x59mm
圧縮比12.2
最高出力148PS/10000rpm
最大トルク10.9kg-m/9500rpm
燃料供給方式FI
燃料タンク容量12L
キャスター角/トレール25度/100mm
変速機形式6速リターン
ブレーキ形式 前・後φ310mmダブルディスク・φ220mmディスク
タイヤサイズ 前・後120/70ZR17・190/50ZR17

[ アルバム : スズキ KATANAの写真をもっと見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

KATANAの注目記事!
第2位 23637POINTS
KAWASAKI Z900RS

昨年の王者「現代のZ」はいまだ人気健在!

昨年のBIGクラス覇者・Z900RSは今回総合2位。とはいえ、総合クラスだけで見れば昨年同様の2位キープなので、これはかなりの健闘ぶり。

今年のバイクオブザイヤーで「KATANA旋風」が吹き荒れていることを考えれば、Z人気はいまだに健在、ととらえてもいいだろう。

Z900RSが魅力的なのは、そのルックスは言うまでもないが、レトロな中にもしっかり「最新のスポーツバイクであること」を大切にしていること。

たとえば、リアサスペンションはいわゆる2本サスではなく、リンク式のモノショックをベースのZ900と同様に採用しているし、メーターもアナログ風ではあるが、多機能な最新のユニットを使用している。

レトロ風ではあるが、走りや機能パーツに関するパートには一切妥協はしていないのである。

現代のスポーツバイクとしてのパフォーマンスはしっかり確保した上で「往年のZ」を想わせるスタイルはエッセンスとして楽しむ。それがZ900RSなのだ。

[ アルバム : カワサキ「Z900RS」の写真をもっと見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

Z900RSの注目記事!
第3位 21144POINTS
SUZUKI V-STROM250

気軽につきあえる“ライトアドベンチャー”がランクイン!

今回総合3位と大健闘した、スズキのVストローム250。昨年も250クラス1位を獲得しており、その人気は衰えることを知らないようだ。

そんなVストローム250が大人気を博しているのは「アドベンチャーらしさ」を気軽に楽しむことができるからではないだろうか。

本格アドベンチャーのトレンドはエンジンもサイズも大型であり、気軽に取り回せるサイズではないモデルが多いが、このVストローム250はGSR250Sがベースなだけあって、扱いやすくてコンパクト。

体格の理由でアドベンチャーをあきらめていたライダーの目には相当魅力的に映るはずだ。

加えて、Vストローム250のパラツインエンジンはスムーズな吹け上がりが自慢。その爽快なフィーリングはロングランでこそ真価を発揮する。

さらに、価格もお手頃なので、大型車の購入に比べれば、パニアケースやトップケースを装着してもお釣りがくる。

Vストローム250はヒットするべくしてヒットしているのである。

まとめ:月刊オートバイ編集部

[ アルバム : スズキ Vストローム250の写真をもっと見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

Vストローム250/ABSの注目記事!
第4位~第10位はこちらの記事をご覧ください。
月刊オートバイ最新2020年1月号では、2020年のバイクオブザイヤーに輝きそうなEICMAで発表された新型車を徹底解説!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します