現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 狭い道の走行、Uターンなど運転のしやすさは文句なし!マツダの最新SUV「CX-30」試乗レポート

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.6

狭い道の走行、Uターンなど運転のしやすさは文句なし!マツダの最新SUV「CX-30」試乗レポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダの最新クロスオーバーSUVがCX-30だ。車格的にはCX-5とCX-3の中間よりややCX-3寄りで(価格的にも)、マツダ3をベースにホイールベースと全長を短縮し、全高を立体駐車場に入りやすい1540mmに抑えた会心作。

シャープな折れ線を持たないエクステリアデザインは、“美しすぎるハッチバック/セダン”のマツダ3の延長線上にあるものの、黒い樹脂のクラッティングパネルの面積を幅広く取り、SUVらしさをアピール。これはクーペ風のボディを薄く見せる効果もあるという。

    始めてフルコネクティッドを採用したクロスオーバーモデル。マツダ「CX-30」を試乗して気づいたこと

ショーティーな全長、ホイールベースの採用もあって、CX-30は前席優先のパッケージとなる。とはいえ、後席の居住スペースはCX-3より広くて当然。身長172cmの筆者のドライビングポジション背後で頭上に120mm、ひざ回りに120mmの空間が確保される。CX-5ほどの広さはないものの、CX-3の同105mm、90mmよりはゆとりがある。CX-3にない後席エアコン吹き出しがあるのも、後席の乗員にとっての快適ポイントである。

ラゲッジスペースは“意外に広い”という印象だ。開口部地上高730mmはSUVとしては低めの高さで、CX-5と違い、開口部に100mmの段差がある。フロアの奥行きは890mm(最大フロア長1600mm)、フロア幅は1000mmと十分に実用的だ(CX-3は同780、1000mm)。何しろCX-5に対して約30L少ないだけという容量が確保されているのである。ちなみに、重い荷物の出し入れやペットの乗降で不利になる開口部の段差だが、開口部段差を小さくするアイテム(純正アクセサリー)を検討中とのこと。期待したい。



さて、ここで試乗したのは、スカイアクティブG、2Lガソリンエンジン+6ATモデル。価格は何とベースも出るの20Sの239万2500円からと、なかなかリーズナブルに感じさせる(もっともお薦めグレードは20S PROACTIVEの261万2500円以上だが)。運転のしやすさや車酔いがしにくくなる効果もあるG-ベクタリングPlusや、SOSコール、オペレーターサービスが利用可能なKDDI製の専用通信機などは全グレードに標準装備される。

20S Lパッケージで走りだせば、コンパクトなボディーサイズ、最小回転半径5.3mの小回り性によって、狭い道の走行、Uターン、料金所の幅寄せなどを含む運転のしやすさは文句なし。乗り心地はクラスベストと言って良く、車内の静粛性はCX-30のクリーンディーゼルモデルの驚くべき静かさをさらに上回るものだった。

そして走りの軽快感もまた、CX-30のクリーンディーゼルモデルをしのぎ、一段とすっきりしたドライブフィールを味わうことができる。うれしい!?のは、同パワーユニットを積むマツダ3の同エンジン搭載車より、車重が重いにもかかわらず、むしろパワフルに感じられること(感覚的に)。その理由として挙げられるのが、タイヤの大径化と車重増にマッチさせた、6ATの最終減速比の変更だろう。結果的に、よりおいしいトルクを使った変速となり、加速感が気持ちいいのである。しかも、156ps、20.3kg-mを発揮する4気筒のガソリンエンジン、スカイアクティブGは、回すとなかなかの快音を発するのだから、気持ちいい。

人車一体感ある操縦性、フットワークと合わせ、クロスオーバーSUVにして、まさにファン・トゥ・ドライブを実現しているというわけだ。ただ、1.8Lのクリーンディーゼルターボ=スカイアクティブDのほうが、エンジンのさらなるトルク感、濃厚なエンジンフィールによる、走りの質感では上回るのも事実。その分、高価になるのだが・・・。

CX-30は国産車として、トヨタに次ぐフルコネクティビリティー=マツダコネクトを採用したクルマでもあるのだが、同時に先進運転支援機能も最先端だ。歩行者や自転車を感知する自動ブレーキのほか、前後AT誤発進抑制制御(ブレーキ制御付き)、後退時自動ブレーキ、前方左右から接近するクルマを検知し、後退時にも左右から接近するクルマを検知するブレーキサポート、ブラインドスポットモニタリング、レーンキープアシスト、全車速域(AT車/MT車は約30km/h~)で作動する渋滞追従型ACCなどの先進機能を全グレードに標準装備。オプションで360度ビューモニターまで装備できるのだから、かんぺきだ。

では、マツダCX-30のどのグレードがお薦めか?と問われれば、価格優先ならスカイアクティブG搭載車だが、走りの質感、クロスオーバーSUVに求められる足の長さで言えば、スカイアクティブDのクリーンディーゼルターボモデルとなる。スカイアクティブGとの価格差はPROACTIVEグレード同士で27万5000円と小さくないのが悩みどころだが、街乗りメインならスカイアクティブGのFF、アウトドアやロングドライブを楽しむ機会が多いなら、走破性や経済性に優れるスカイアクティブDの4WDとなるだろう。

ガソリン、クリーンディーゼルターボモデルのどちらにも言えることは、体重65kgのボクとしては、Lパッケージの本革シートは、マツダ3から採用された、骨盤を立て、背中のS字カーブに沿わせ、お尻の沈み込みで頭部、上半身の動きを見事に抑えてくれる新シートの効果が、本革表皮の張りの強さで感じにくいため、ファブリックシートのPROACTIVEをベストグレードとしたいところである。

マツダCX-30
https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(@DIME )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します