現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > クロスオーバー仕様も登場! 「ホンダ・フリード/フリード+」がアップデート

ここから本文です
ニューモデル 2019.10.22

クロスオーバー仕様も登場! 「ホンダ・フリード/フリード+」がアップデート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダ・センシングは全タイプで標準装備に

ホンダは、居住性と使い勝手の良さを兼ね備えた「ちょうどいい」クルマとして幅広く支持されているコンパクトミニバンの「フリード」、および「フリード+(プラス)」の内外装デザインを刷新。さらに、クロスオーバースタイルの新グレードである「クロスター」を追加して10月18日に発売した。消費税込みの車両本体価格は、フリードが1,997,600円~3,018,400円。フリード+が2,182,400円~3,040,400円だ。

    国産車のベストセラー、「ホンダN-BOX」がアップデート

フリードは5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトなボディながら、広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現した使い勝手の良さが持ち味。今回のマイナーチェンジでは、フリードらしい「親しみやすさ」はそのままに、より洗練されたデザインへと進化。また、先進の安全運転支援システムである「ホンダ・センシング」を全タイプに標準装備とし、新たに後方誤発進抑制機能を追加。さらにクロスターを追加したことで、さまざまな領域で商品の魅力をより一層高めている。

ノーマルグレードのエクステリアは、フロントフードやグリル、バンパーやロワグリルの形状変更により精悍で落ち着きのあるシンプルなスタイルに変更。さらに、アルミホイールのブラック部分をダークグレーに変更して、より洗練されたデザインを追求した。一方、インテリアでは木目調パネルにより落ち着きのあるウォールナットのデザインを新採用。シート表皮も刷新し、一層心地よく、くつろぎに満ちたインテリアに仕上げられている。

新グレードのクロスターは、専用フロントグリルや前後バンパー、LEDフォグライト、ルーフレール、アルミホイール、専用色のドアアウターハンドルやドアミラーを採用。アウトドアシーンにも映えるクロスオーバースタイルに仕上げられている。インテリアは、クロスター専用のプライウッド調パネルを採用。さらに専用コンビシートは汚れの目立ちにくいデジタル柄を採用、アウトドアの非日常感が表現された。

今回のアップデートでは、前述の通り機能を追加したホンダ・センシングが全タイプで標準装備されたほか、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)が加減速時によりスムーズなフィーリングとなるよう熟成。また、下り坂においてシフトレバーを操作することなく、ある一定のブレーキ操作だけでエンジンブレーキを併用したスムーズな減速が行えるステップダウンシフト制御をホンダのミニバンとして初採用。走行状況に応じたダウンシフト制御を行うとともにエンジン回転を適切に保ち、なめらかな走りを可能としている。

フリード車種サイト
https://www.honda.co.jp/FREED/





  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB H.Tanaka)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します