現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > MINI、クラブマンとカントリーマンに300hp超の高性能モデルを設定

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独BMWは5月15日、MINIブランドから「MINIジョンクーパーワークス・クラブマン」および「MINIジョンクーパーワークス・カントリーマン」を発表した。

リアエンドを延長したステーションワゴンタイプのボディを持つクラブマンと、SUVスタイルのカントリーマン(日本名:クロスオーバー)がアップデートを受け、公道用MINIとしては60年の歴史上最強のモデルに進化した。

    やたらオシャレな旧型ミニ クラブマンも、実は総額80万円から!【高そうに見えて意外と安い?】

今回さらなる強化を受けた2.0リッター直4ターボは、改良型クランクシャフトと新たなバイブレーションダンパーを採用することで、従来型より75馬力/100Nmアップの306馬力と450Nmを発揮。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン