現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 〈スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー〉ハイト系の先駆者は走りと燃費が好バランス【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

ここから本文です
ニューモデル 2019.4.17

〈スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー〉ハイト系の先駆者は走りと燃費が好バランス【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月間販売台数:7499台(18年8月~19年1月平均値)現行型発表:17年2月(「FA」/5速MT車追加 17年8月)JC08モード燃費:33.4km/ℓ ※「ハイブリッドX」「ハイブリッドFZ」「ハイブリッドFX」のFF車。レポート●安藤 眞(ANDO Makoto)[本文]/小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)[写真解説]フォト=神村 聖(KAMIMURA Satoshi)モデル=住吉史衣(SUMIYOSHI Fumie)

■主要諸元 ハイブリッドFZ
全長×全幅×全高(mm):3395×1475×1650
室内長×室内幅×室内高(mm):2450×1355×1265
ホイールベース(mm):2460
トレッド(mm) 前/後:1295/1300
車両重量(kg):790
エンジン種類:直列3気筒DOHC+モーター
総排気量(cc):658
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):38[52]/6500
エンジン最大トルク(Nm[kgm]/rpm):60[6.1]/4000
モーター最高出力(kW[㎰]/rpm):2.3[3. 1]/1000
モーター最大トルク(Nm[kgm]/rpm):50[5.1]/100
燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:155/65R14
最小回転半径(m):4.4
JC08モード燃費(km/ℓ):33.4
車両本体価格:135万円

    最低地上高210mmを実現した本格派クロスオーバー、ボルボV60クロスカントリー

乗降性

写真でもわかる通り、ルーフラインが高い位置にあるため頭を屈める必要もなく、自然な姿勢で乗り降りすることができる。前後のドアには中間2段ストッパーが備わり、左右のスペースが狭い状況でも乗り降りしやすい。

先進安全装備

撮影車両データ

ボディカラー:ブリスクブルーメタリック
オプション装備:全方位モニター付きメモリーナビゲーション(14万400円)/フロアマット(2万142円)/ETC(2万1816円)

ボディカラー

インパネ

水平基調のインパネデザインとオンダッシュタイプのマルチディスプレイ付きセンターメーターを採用。空調は「FA」のみマニュアル式で、その他はフルオートエアコンを標準装備。全方位モニター対応ナビゲーションは販売店オプションとして設定されている。

居住性

ラゲッジルーム

後席シートには分割可倒式のワンタッチダブルフォールディングを採用。背もたれに付いているレバーを引っ張ってパタンと前に倒すだけで、右写真のようなフラットフロアを生み出せる。シートを前方にスライドさせた状態で倒せば、フロアの面積を最大化することが可能だ。

うれしい装備

SEAT ARRANGE

左写真のように後席シートを倒してラゲッジルームを最大化した場合、大きさにもよるが自転車を斜めにして積載することが可能。また、助手席背もたれの前倒し機能も装備されているため、右の写真のようにカーペットなどの長尺物を積みこともできる。

25周年記念の特別仕様車

バイヤーズガイド

デザインで直感的に選んでも不満は出ないと思うが、装備の貧弱な「FA」は避けたい。タウンユース以外のドライブにも積極的に使うなら、フロントスタビライザーの付く「FZ」か「スティングレー」からの選択が良い。ハンドルや運転席の高さ調整が付くのも「FZ」か「スティングレー」なので、体格差の大きいドライバーが使うなら、この中からの選択が良いだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します