現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > その咆哮は787Bそのもの! 伝説の4ローター搭載RX-7(FD3S)見参!

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RX-7から発せられる高周波サウンドは787Bそのもの!

実用型4ローターユニットを求めたチューナーの戦い

    その咆哮は787Bそのもの! 伝説の4ローター搭載RX-7(FD3S)見参!

ロータリーエンジンはエキセントリックシャフト一回転で3つの燃焼室が爆発行程をむかえる構造を持つ。つまり、4ローターとはレシプロエンジンで言うところの12気筒と考えても間違いではない。そしてそのように解釈すれば、この周囲を圧する異次元の咆哮にも納得ができる。

4000rpm以降、ロータリーチューンのスペシャリストである小関秀一が完成させた4ローターユニットの奏でる音色は、もはや『甲高い』と表現するようなレベルの話ではなく、言うなれば『超高周波』。(web option)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン