現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランボルギーニ・ウラカン・エボ、日本発表 予測ロジック搭載 価格2984万3274円

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.8

ランボルギーニ・ウラカン・エボ、日本発表 予測ロジック搭載 価格2984万3274円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 予測ロジック搭載とは
ー ペルフォルマンテのエンジン搭載
ー ウラカン・エボ 主要諸元

    『ランボルギーニ・ウラカン・エボ』すべての画像をみる

予測ロジック搭載とは

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、次世代のV型10気筒スーパーカー「ランボルギーニ・ウラカン・エボ」を日本発表した。

ウラカン・ペルフォルマンテの性能をもとに、ビークルダイナミクス制御の予測ロジックを備えた進化型モデルだ。

日本・韓国においてマネージング・ディレクターを務めるアウトモビリ・ランボルギーニのフランチェスコ・クレシは、「ウラカンは、ランボルギーニ史上最も成功したモデルの1つで、ガヤルドより販売台数が6割増えました。すでにアイコンとなっているこのウラカンを、細部にまでこだわって改良することにしました」と説明。次の動きを予測するテクノロジーを搭載することで、ウラカン・エボが生まれたのだという。

具体的には、ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(LDVI)が、車両の動的挙動の全側面を制御するECUとして機能。ダイナミックシステムと設定のすべてを完全統合し、ドライバーの次の動きとニーズを予想していく。

車両重心に配置されたセンサー類が、縦/横/垂直方向の加速、横揺れ、上下動、ヨーレートをリアルタイムでモニタリング。必要とするダンピングに瞬時に適応する。

ペルフォルマンテのエンジン搭載

また、先進トラクションコントロール・システムが、AWDとトルクベクタリングとともに、必要とするステアリング角を最小にしてコーナリング時の応答性を高める。状況次第で1つのタイヤにトラクションを向けることも可能となっている。

LDVIは「オーケストラの指揮者のように、それぞれの楽器が美しく鳴る」ことを目指すシステムと説明されている。興味深いのはこれまでのフィードバック型の制御からフィード・フォワード・ロジックへ進化したこと。

今までのフィードバック型ではタイムラグが生じるが、フィード・フォワード・ロジックは、ドライバーが何をしたいか予測し最高のドライビングを提供していく考え方だ。乗り手がどれだけ速くステアリングを切るか察知し、CCU(セントラルコントロール・ユニット)を介して、最高のレスポンスを実現する。つまり、望んだ動きが実現されることになる。

搭載するエンジンは、ウラカン・ペルフォルマンテのユニットである。5.2ℓの自然吸気ランボルギーニV10は640ps/61.2kg-mを発揮。乾燥重量は1422kgとなり、0-100km/h加速は2.9秒で走り切る。最高速度は325km/hを超えるという。

ランボルギーニ・ウラカン・エボの日本価格は2984万3274円だ。日本におけるデリバリー開始は2019年春を予定している。

ウラカン・エボ 主要諸元

車体構造:アルミニウム/カーボンファイバー製ハイブリッドシャシー
エンジン:5204cc自然吸気V10
トランスミッション:7速DCT

最高出力:640ps/8000rpm
最大トルク:61.2kg-m/6500rpm
最高速度:325km/h
0-100km/h加速:2.9秒
0-200km/h加速:9.0秒

全長×全幅×全高:4520×1933×1165mm
ホイールベース:2620mm
トレッド(前/後):1668/1620mm
重量配分:43%:57%
乾燥重量:1422kg
トランク:100ℓ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します