現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VW TロックR発表 300ps超の小型SUV ゴルフRと共通項多く ジュネーブ2019

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.6

VW TロックR発表 300ps超の小型SUV ゴルフRと共通項多く ジュネーブ2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー パフォーマンス重視の小型SUV
ー Rモデル専用の装備

    フォルクスワーゲン新SUV Tロック・コンバーチブル仕様、初撮影

パフォーマンス重視の小型SUV

通常のフォルクスワーゲンTロックがゴルフと似たテイストを持つように、このTロックRもゴルフRといくつかの点を共有している。パワートレインやサスペンションなどの部品も同じものを採用している。

搭載されているVWグループのEA888型2.0ℓターボエンジンには微粒子フィルターが装備され、300psを出力する。ハルデックスが開発したパートタイム4WDシステムと7速デュアルクラッチトランスミッションも搭載する。

フォルクスワーゲンによると、TロックRの0-100km/h加速は4.9秒を達成するとのこと。この数値はゴルフRよりも0.3秒遅いが、同じ車格のクプラ・アテカよりも0.3秒速い数値となる。最高速度は約250km/hとなる。

クプラ・アテカやアウディSQ2と技術面を多く共有する一方で、セッティングはそれぞれ独特なものとなっている。ゴルフよりは車高が高いものの、TロックRは通常モデルよりも20mm車高が低くされている。

パッシブダンパーは標準装備となるが、フォルクスワーゲンのアダプティブシャシーコントロール、DCCシステムはオプション装備となる。

Rモデル専用の装備

TロックRは18インチアルミホイールが標準で設定され、19インチのものもオプションとして選択可能。全バージョンともゴルフRパフォーマンスにも搭載されている17インチのブレーキディスクを採用する。

4本出しマフラーもリアバンパーから覗いており、オプション装備としてアクラポビッチのエグゾーストが選択可能だ。

Rモデルの特徴として、バンパーはより肉感が増し、アルマイト処理が施されたフロントグリルやマットクローム調ののドアミラー、Rのエンブレムなどが見られる。

内装はカーボンファイバーのトリムやよりスポーティーさが増したステアリングホイールが装備され、ゴルフRにも装備されているスポーツシートもオプション装備として設定される。

価格の詳細な情報は未だ公開されていないが、TロックRは3万5000ポンド(518万円)から販売されると予想する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します