現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボXC90、ディーゼル初搭載 強力な「D5」235ps発揮 2トリム展開

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.1

ボルボXC90、ディーゼル初搭載 強力な「D5」235ps発揮 2トリム展開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー XC90、ディーゼル初搭載
ー どんなディーゼルエンジン?
ー 先進安全/運転支援機能も

    改良新型メルセデス・ベンツGLC、新エンジンに ジュネーブでマイチェン型公開

XC90、ディーゼル初搭載

ボルボ・カー・ジャパンは、「XC90」シリーズにドライブE 2.0ℓ4気筒直噴ディーゼルターボ「D5」エンジン搭載モデルを追加し、本日より発売する。

「D5」は、ボルボのクリーンディーゼルラインナップで最も高出力のパワートレインです。日本市場に初めて導入され、「XC90」初のディーゼルモデルとなる。

XC90 D5 AWDモーメンタム(メイン画像の奥)、XC90 D5 AWDインスクリプション(メイン画像の手前)の2トリム展開。

どんなディーゼルエンジン?

低回転域からの加速時に圧縮エアをターボチャージャーに送り込むことでターボラグを低減し、よりスムーズな発進や加速を実現する新開発「パワーパルス」テクノロジーを採用した、最高出力235ps/4000rpm、最大トルク48.9kg-m/1750-2250rpmを発揮するクリーンディーゼルエンジンとボルボは説明。

またアドブルーで排ガス中のNOxを抑制するSCR触媒コンバーターを採用することで、長期にわたり優れた燃費性能と環境負荷の低減を実現しているという。

アドブルーは、ディーゼルエンジンによる有害物質を低減することを目的としてSCRシステムで使用される添加剤で、SCRシステムでは、アドブルーおよび亜酸化窒素排出ガスが窒素と水蒸気に分解され、有害な亜酸化窒素の排出を大幅に低減する。

先進安全/運転支援機能も

XC90 D5は、他の新世代ボルボ車と同様に、新たに「対向車対応機能」も加わった、

・歩行者/サイクリスト検知機能付衝突回避/被害軽減ブレーキ・システム
・全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
・パイロット・アシスト(車線維持支援機能)
・BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」

をはじめ、

・衝突回避/被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)
・ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避機能
・オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)

など16種類以上の先進安全/運転支援機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」を標準装備する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zoo*****|2019/03/01 13:06

    違反報告

    車重のあるXC90にはD5が似合うでしょうね。
    その他のラインナップにもD4でいいのでディーゼルを加えて欲しい。
    特に大人気のXC40にディーゼルを導入しないのが不思議でならない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します