現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【インディアン試乗レポ】車重375kg、どっしりなのに軽々…… 「チーフテン ダーク ホース」は妙味な乗り味がした

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.15

【インディアン試乗レポ】車重375kg、どっしりなのに軽々…… 「チーフテン ダーク ホース」は妙味な乗り味がした

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカンフラットトラックレースで2年連続チャンピオンに輝いたインディアン。FTR1200の新規投入など、国内でも賑わいを見せている。そんな中、同ブランドを代表するチーフテン最新モデルの試乗会が開催された。ちょっぴり春の兆しを感じさせてくれた千葉は南房総のシーサイドウェイでとても気持ちの良いクルージングを体験した。REPORT⚫️近田 茂(CHIKATA Shigeru)PHOTO⚫️山田俊輔(YAMADA Shunsuke)/近田 茂(CHIKATA Shigeru)

インディアン チーフテン・ダーク・ホース・・・・4,150,000円~

    【デビルメイクライ5】CAPCOM×TRIUMPHコラボのボンネビルボバーが1名様に!

 試乗車はチーフテン・ダーク・ホース。価格は400万円を超える超高級車だが、良い意味、自然体で身構えるかのような、肩の力が抜けた雰囲気。ブロンズスモークのカラーは艶消しのマット系。他にホワイトスモークやサンダーブラックスモークも揃えられている。いずれもプレミアム感たっぷりだが、どちらかと言うと豪華できらびやかな雰囲気を抑えた印象に親しみを覚えた。

 1800ccもある巨大なエンジンはストレートマフラーも含めてブラックアウト。シリンダーフィンのサイドは綺麗に磨き上げられ、堂々の存在感は半端無い。フロントバンパーの装備も含めて全体的にはクラシカルなツアラーとしての定番スタイルだが、シート下両サイドがフルカバードされるなど新鮮な部分との融合も印象深い。

 アルミダイキャストフレームが採用され、サンダーストローク111 と呼ばれる空冷横置きVツインエンジンはクランク右側に3カムを持ち長いプッシュロッドを介すOHV方式。リヤシリンダーに備えられた気筒休止システムも刷新されて快適性が進化したと言う。夏場等の暑い時、停車中の状況に応じて自動的に気筒休止することでエンジンの発熱を押さえオーバーヒート防止とライダーを襲う熱気上昇を控えてくれる。今回は冬場の試乗だったので、その機能は作動しなかった。

 キーはスマートキー方式。キーを身につけたライダーがバイクに近寄り、メーター脇のスターターボタンをひと押しすればエンジンは簡単に目覚めてくれる。サイドパニアのセキュリティも同様の操作で確保されるので安心かつ扱いやすい。


手強さを感じない軽快な走りが心地よい

 エキゾーストノートは乾いた印象で二本のビッグエンドを一軸で支持するクランクは適度な重みを感じさせアイドリングは750rpm程で低く安定している。161.6Nmもの最大トルクが発揮されるのは僅か3000rpmのこと。右手のスロットル操作に対するレスポンスは実に逞しい。荒々しさではなく、心底力持ちな感じ。普通のバイクならアイドリング回転数の1200rpmでもトップギヤに放り込めが市街地50km/hのクルージングを難なくこなせエンジンの鼓動感も快適。ビッグVツインならではの大いなるユトリある走りが印象深い。高速100km/hも2500rpmに満たない回転で平然と快適なクルージングが楽しめるのである。 
 
 さらに驚かされたのは、走り始めた瞬間から満タン時375kgある車重をすっかり忘れさせてくれる軽快な操縦性にある。タイトなワインディングロードでも、車体のバンクと共に自然操舵される舵の当たり方が絶妙で、ライダーがイメージした通りのラインをバイクが綺麗にトレースして行ってくれる。車体を倒し込むとか、ハンドルを抑える等の操作を意識することなく走れる快適性は抜群。

 メーター中央にセットされたディスプレイはナビが日本に対応していなかったのが残念だが、スマホとの連携やディスプレイの各操作も扱いやすく、オーディオもプレミアム感たっぷり。チーフテン・ダーク・ホースは「人生を豊かにするバイク」、こういった表現がしっくりとくる存在だと思えた。


⚫️足つき性チェック(ライダー身長170cm)

⚫️ディテール解説

⚫️主要諸元

●エンジン
 エンジン型式Thunder Stroke® 111
 排気量1811 cc
 ボアxストローク101mm x 113mm
 圧縮率9.5 : 1
 電子制御燃料噴射装置
 (クローズドループ式フューエルインジェクション / 口径 54mm)
●パフォーマンス
 最大トルク161.6 Nm / 3000 rpm
●ドライブトレイン
 プライマリードライブギアドライブ
 クラッチ湿式、マルチプレート
●ギア比
 1st9.403 : 1
 2nd6.411 : 1
 3rd4.763 : 1
 4th3.796 : 1
 5th3.243 : 1
 6th2.789 : 1
 ファイナル2.2 : 1 ベルトドライブ
●サスペンション
 フロントテレスコピックフォーク / ストローク119 mm
 ( カートリッジタイプ 直径46mm]
 リアシングルショック / ストローク114 mm ( エア アジャスト)
●ブレーキ
 フロントデュアル / φ300mmフローティングローター / 4ピストンキャリパー
 リアシングル / φ300mmフローティングローター / 2ピストンキャリパー
●ホイール
  フロントCast 19" X 3.5" inch
  リアCast 16" X 5" inch
●タイヤ
 フロントダンロップ American Elite 3 130/60-19 61H
 リアダンロップ Elite 3 マルチコンパウンド 180/60-16 80H
●エグゾースト 
 スプリットデュアルエキゾースト / クロスオーバー
●ボディサイズ
 全長2506 mm
 全幅1000 mm
 全高1385 mm
 車両重量375 kg (満タン時)
 シート高650 mm
 ホイールベース1668 mm
 最低地上高142 mm
 レイク角25°
 トレール長150 mm
 燃料タンク容量20.8 L
●装備
 標準装備7インチ・タッチスクリーンディスプレイ、ABS、エアボックス内蔵鋳造アルミフレーム、クルーズコントロール、ドライビングライト、プッシュスターター、リモートロック・ハードサドルバッグ、パワーウィンドウシールド、空気圧監視機能、Bluetooth・スマートフォン対応AM/FMチューナー、100Wステレオ・オーディオシステム
●エレクトロニクス
 計器類フェアリング内臓インストゥルメントパネル [スピードメーター、タコメーター、燃料計、オドメーター、デュアルトリップメーター(距離・時間)、瞬間・平均燃費、航続距離、時計、外気温計、ギアポジション、前後タイヤ空気圧計、エンジン使用時間、エンジンオイル交換時期、平均速度、バッテリー電圧計、ラジオ インフォメーション ディスプレイ、エラー表示機能、グリップヒーターレベル表示機能(装着車のみ)、 LED警告灯(クルーズコントロール、ニュートラル、ハイビーム、ウインカー、ABS、 エンジンチェック、空気圧低下警告、バッテリー警告、燃料残量警告、セキュリティ、油圧低下警告、マイル・キロ表示)]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部 近田 茂)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します