現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 扱いやすいのはどっち? ジープ・レネゲードvsプジョー2008 スタイリッシュな小型SUV サイズ比較

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.31

扱いやすいのはどっち? ジープ・レネゲードvsプジョー2008 スタイリッシュな小型SUV サイズ比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィアット500Xをベースとしながら、伝統のセブンスロットグリルなどでスクエアかつマッシブなスタイルを備えたジープ最小のSUV、レネゲード。ミニバンからSUVへの転換を図る第一歩として投入された、日本市場における現行プジョー最小のユーティリティビークル、2008。そのボディサイズ、最小回転半径、荷室容量などを比較してみよう。

 SUVといえば小さくともCセグメントまでだった時代は今や昔。それよりも一回り小さいBセグメントのSUVが近年、各ブランドから続々と市場投入されている。ジープ・レネゲードとプジョー2008も、そうしたBセグメントSUVの人気モデルだ。

    アウディA7 Sportback S line 1st edition :A8とA7スポーツバックは見た目の印象以上にキャラクターが違う。A7は断然ドライバーズカーだ。

 果たして両車の使い勝手は? レネゲードはオフロード性能を重視した「トレイルホーク」、2008はスポーティな「GTライン」、いずれも上級グレードの日本仕様の数値で比べてみた。

ジープ・レネゲード・トレイルホーク 全長×全幅×全高:4260×1805×1725mm ホイールベース:2570mm トレッド:フロント1540/リヤ1540mm

プジョー2008GTライン 全長×全幅×全高:4160×1740×1570mm ホイールベース:2540mm トレッド:フロント1480/リヤ1485mm

 すべての項目においてレネゲードが2008を上回っており、見た目だけではなく実寸法も一回り大きなサイズとなっている。レネゲードはFF車の場合、全長は5mm短く、全高と最低地上高は30mm低くなるが、肝心の全幅は1805mmと変わらず、日本の道路・駐車場環境では不便を強いられるかどうかの臨界点のひとつである1800mmをわずかに超えてしまっている。

ジープ・レネゲード・トレイルホーク 最小回転半径:5.5m

プジョー2008GTライン 最小回転半径:5.5m

 両車とも互角。タイヤサイズはレネゲードが215/60R17、2008が205/50R17と、タイヤ幅は全幅と同じくレネゲードの方が広い。その短い全長と広い全幅を考慮すれば、いずれも小回り性能に優れるとは言えず、近隣の道や車庫が狭いユーザーは購入前に試乗して、取り回しに問題がないか確認した方が良さそうだ。


ジープ・レネゲード・トレイルホーク 荷室容量:525~1440ℓ

プジョー2008GTライン 荷室容量:410~1400ℓ

 後席使用時はボディサイズの大きさが荷室の大きさにも直結しているレネゲードに軍配が上がるが、後席格納時の荷室容量は両車互角。レネゲードはリバーシブルカーゴフロアを上側にセットすれば、また2008はワンタッチで後席を格納すれば、いずれもフラットな荷室が得られるため、実際の使い勝手においてもほぼ互角と言えるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 遠藤正賢)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します