現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > クリーンディーゼルエンジン搭載のコンパクトSUV! フォルクスワーゲン・ティグアンとプジョー3008をサイズ比較

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.15

クリーンディーゼルエンジン搭載のコンパクトSUV! フォルクスワーゲン・ティグアンとプジョー3008をサイズ比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンパクトなクルマづくりを得意としてきた、フォルクスワーゲンとプジョー。人気のSUV市場においてもコンパクトなモデルであるティグアンと3008をそれぞれラインナップし、いずれもクリーンディーゼルエンジン搭載車を揃え、支持を得ている。日本の道路事情に適した控えめサイズなのは同じだが、その違いとは。

 コンサバなティグアンに対し前衛的な3008と、見た目では好みがはっきりと分かれそうな両者。しかし、大きくて豪華なモデルが溢れる輸入SUV市場において、取り回しがラクなコンパクトサイズであり、さらにクリーンディーゼルエンジン搭載車をラインナップするなど、共通点も多い。

    V8エンジン搭載のレヴァンテ、レヴァンテ・トロフェオとレヴァンテGTSが日本上陸!

 ティグアンが363万6000円~、3008が357万円~と価格帯も拮抗し、ともに輸入車としてはリーズナブルな部類に属する。あとは実用面を左右する、サイズや取り回し、そして荷室容量が気になるところだ。そこで、ディーゼルエンジン搭載のスポーティグレードであるティグアンTDI 4MOTION R-Lineと3008 GT Blue HDiの数値を比べてみた。

フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION R-Line 全長×全幅×全高:4500×1860×1675mm ホイールベース:2675mm

プジョー3008 GT Blue HDi 全長×全幅×全高:4450×1860×1630mm ホイールベース:2675m

 見た目でそれほど大きな違いを感じることがないように、数値上もあまり変わらない。ティグアンがやや大きいものの、ホイールベースはまったく同じとなっている。

フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION R-Line 全幅:1860mm トレッド:フロント1585/リヤ1575mm

プジョー3008 GT Blue HDi 全幅:1860mm トレッド:フロント1580/リヤ1590mm

 全幅は両者全く同じ。スポーツグレードではない標準車も両者同じで、1840mmとなる。押し出し感よりも親しみを感じやすいデザインで、SUVならではのイカつさは希薄だ。

フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION R-Line 最小回転半径:5.4m

プジョー3008 GT Blue HDi 最小回転半径:5.6m

 255/45R19という大径タイヤを履くティグアンTDI 4MOTION R-Lineだが、225/55R18タイヤの3008より最小回転半径が小さく、小回りに優れるようだ。

フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION R-Line 荷室容量:615ℓ(後席使用時)

プジョー3008 GT Blue HDi 荷室容量:591ℓ(後席使用時)

 どちらも約600ℓと大容量の荷室を備えているが、軍配が上がったのはフォルクスワーゲン・ティグアン。なお、ティグアンの後席は3分割可倒式で、格納した際の荷室容量は1655ℓ、一方の3008の後席は2分割可倒式で、格納した際の荷室容量は1670ℓで、3008が逆転する。

 荷室の容量比較は、ほぼイーブンと考えて良いだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 古川裕)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します