現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ959パリ・ダカール、6.6億円 RMサザビース・ポルシェ・オークション

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.2

ポルシェ959パリ・ダカール、6.6億円 RMサザビース・ポルシェ・オークション

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ-ダカール・ラリー・ウイナーが出品

ポルシェ70周年記念イベントの一環としてアメリカのアトランタにあるポルシェ・エクスペリエンス・センターで、ポルシェ社の全面協力によるRMサザビース・ポルシェ・オークションが開かれた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

このオークションにはいくつかの目玉車が用意されたが、その代表格となったのがロスマンズカラーを纏う959パリ-ダカール・ワークスカーだ。ポルシェは1984年に911SC-RSをベースに開発された4輪駆動マシンの953でパリ-ダカで初優勝を勝ち取り、1985年に向けて用意されたのが959をベースに戦闘力を高めた959パリ-ダカール・ワークスカー。1985年は3台がワークスからエントリーされたが、メカニカル・トラブルとアクシデントでゴールに到着することができなかった。

翌1986年のパリ-ダカはターボ・エンジンを導入すると共に各部を磨き上げ雪辱を期すべく3台で挑戦することになった。この年959は本領を発揮して1‐2フィニッシュを果たし、3台目も6位に入る活躍を遂げる。今回出品された959パリ-ダカールは、1985年に参加した3台のうちの1台である。


合計7台生産 現存数は?

ワークス959パリ-ダカールは合計7台が作られ、ファラオ・ラリーで1台がアクシデントに見舞われて破棄され、6台が現存する。このうち4台はポルシェ社が所有し、ミュージアムやイベントで展示されるほか、個人のコレクションに2台が現存する。今回出品されたのはプライベート・コレクションの2台の内の1台で、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードやさまざまなイベントなどでその姿が見られた個体である。

ポルシェの歴史を語る上で欠かせぬモデルであり、純レーシング・マシンの956/962とは違って公道でも乗れることもあり、オークションでは世界中のコレクターから入札が続き、最終的にポルシェとしては新記録となる594.5万ドル/6億6584万円で落札された。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します