現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ 次期アクセラを予告か。次世代エンジン「SKYACTIV-X」採用の期待も高まる

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.19

マツダ 次期アクセラを予告か。次世代エンジン「SKYACTIV-X」採用の期待も高まる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一定のテーマに基づく個性的なデザインと、基幹部品の性能を底上げする「SKYACTIV(スカイアクティブ)テクノロジー」により、商品力の向上を図っているマツダ。そうしたクルマの本質的価値の向上を目指すメーカーが、新たな動きを見せた。10月17日、新型ハッチバックの登場を予告する公式映像をYouTubeで公開したのだ。

「新たな時代が11月に始まる」というタイトルが付されたわずか15秒の動画には、新型車のハッチバックが登場する。ハリのあるリアビューと立体的なショルダーラインが特徴的なそのスタイリングは、2017年の東京モーターショーで公開された「魁(カイ) CONCEPT」を思わせる。この動画は新型「アクセラ(海外名マツダ3)」を予告したものなのか。

    マツダ アクセラディーゼルで挑んだ富士スーパーテック24時間の結末は!?

「魁 CONCEPT」はそのディメンションなどから次期アクセラを示唆するものと噂されていた。2013年にスカイアクティブテクノロジーを全面的に採用しデビューした現行アクセラは、内外で高く評価され、その後こまめなアップデートにより進化を果たしているものの、そろそろフルモデルチェンジを迎えてもおかしくない頃。

さらに期待できるのは、「魁 CONCEPT」が圧縮着火式ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(エックス)」や新たな車両構造技術「SKYACTIV・ビークル・アーキテクチャー」を採用する次世代商品群の先駆けとされていること。マツダが先日発表したロードマップでは、2019年からSKYACTIV-XとSKYACTIV・ビークル・アーキテクチャーの市場投入が予定され、新型車の登場とも重なるタイミングだ。

もしこれらの技術が新型アクセラに投入されるとすれば、基本性能の優れたコンパクトモデルが完成する可能性は高い。ロードマップには、ハイブリッドや次世代コネクティティビティも同じタイミングで投入する予定となっており期待は膨らむばかりだ。

動画の視聴回数は1日で10万回近くに達し、注目の高さをうかがわせる。マツダは11月下旬のロサンゼルスモーターショーでSKYACTIV-X搭載モデルをワールドプレミアすると公表しており、これが新型車の発表の舞台となることが期待できる。革新技術を採用したニューモデルの発表が楽しみだ。

※写真3枚目~東京モーターショー2017で披露された「魁 CONCEPT」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します