現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ、パナメーラにスポーツグレード GTSを追加 パワーは標準モデルの130ps増

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.22

ポルシェ、パナメーラにスポーツグレード GTSを追加 パワーは標準モデルの130ps増

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独ポルシェは10月16日、4ドアセダン「パナメーラ」およびそのシューティングブレーク版「パナメーラ スポーツツーリスモ」に、スポーティな新グレード「GTS」を設定すると発表した。

GTSは、先代パナメーラで人気を博したグレード。「911」や「718」ファミリーにも存在するGTSは、「ハードコアなサーキット仕様まではいかず、標準仕様よりはスポーティ」というニーズに応える、いわばいいとこ取りのモデル。チューンナップされたパワーユニットや足回り、ブラックの差し色が散りばめられたエクステリアなど、日常使いで“やり過ぎ”にならないレベルまでスポーツテイストが強められている。

    パナメーラGTSに見るポルシェのサルーン&モデル戦略

新型パナメーラGTSに奢られるパワーユニットは、先代比+20馬力の460馬力を発揮する4リッターV8ツインターボ。0-100km/hは両モデルとも4.1秒、最高速度はパナメーラが292km/h、パナメーラ スポーツツーリスモが289km/hとサルーンやワゴンとは思えないレベルとなる。もちろん、パワーの強化に対応してブレーキローターも大径化されており、高められたストッピングパワーはスポーツドライビングで威力を発揮しそうだ。ほかにも、10mm車高が下がるスポーツシャシーが標準となり、エアサスペンションもよりスポーティなセッティングとされている。

一目でGTSとわかる内外装も特徴で、フロントとリアを始め多くのエクステリアトリムがブラックアウトされるほか、20インチホイールが標準となり、インテリアはステアリングホイールまでがアルカンターラで巻き立てられている。機能面では、パナメーラレンジ全体でオプションリストにフルカラーヘッドアップディスプレイが載ったことが大きなニュースだ。

標準パナメーラに比べ130psもパワフルな高性能版のGTS 。日本での販売価格はまだ発表されていないが、すでに公式webサイトにはその情報が掲載されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します