現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ベントレー・ベンテイガ 英国でディーゼル販売終了 反ディーゼルの声強く

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.9

ベントレー・ベンテイガ 英国でディーゼル販売終了 反ディーゼルの声強く

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変わるディーゼルへの評価 ベントレーは電動化に注力

ベンテイガのV8ディーゼル仕様は、ベントレー初のディーゼル車であると同時に、欧州で発売される同社最後のディーゼル・モデルになるようだ。

    ミニ ディーゼル廃止 グレード構成も簡略化へ

ベンテイガ・ディーゼルは、2016年後半に発表されたが、欧州主要国での販売を取りやめるようだ。ただし、ロシア、オーストラリア、南アフリカを含む13の市場では引き続き販売が行われる。

ベントレーは次のような声明を発表した。

「この数カ月で、欧州でディーゼルに対する評価が変わり、ディーゼル車に対する姿勢が大きくシフトしています」

「今回われわれは欧州市場において、2018年9月からはガソリン・モデルのベンテイガだけを販売することになりましたが、これは前述した要因だけでなく、最近行われたベンテイガV8モデルの追加や、電動化に注力する戦略も関係しています」

それでは、ディーゼルの販売縮小は、ベントレーにどれほどの影響を与えるだろう。



スーパーラグジュアリーでは、ニッチな存在

ベンテイガのラインナップがガソリン車のみになっても、英国のディーゼル販売への影響は無視できるほどだ。しかし、英国中でディーゼルを忌避する動きが強まっており、各メーカーはディーゼル・モデルをラインナップから外すよう迫られている。

2015年には、ディーゼル車は全体の新車登録数の50%を占めていたが、2018年には3分の1を占めるほどになるという。

ベントレーはベンテイガの販売台数に占めるディーゼルモデルの割合を公表していないが、ほかに3種類のパワートレイン(W12、V8、V6プラグイン・ハイブリッド)があることや、何よりスーパーラグジュアリーセグメントではガソリン・エンジンが好まれることを考えても、ディーゼルはニッチな存在だと思われる。

2018年の第2四半期まで、英国で販売されたベンテイガはW12が815台、V8が115台に上る。W12モデルは初めから存在していたが、ディーゼルは2016年後半に、V8やV6プラグインハイブリッドは今年前半に追加された。

ベントレーは、たとえワンオフ・モデルでも、英国市場では今後ベンテイガ・ディーゼルを購入することができないと認めた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します