現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型ホンダNSX 英オークションで、2000万円割れ なぜ安いのか

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.5

新型ホンダNSX 英オークションで、2000万円割れ なぜ安いのか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパースポーツ、オークションの傾向は?

コレクターズカ―・オークションと聞くと、そこに出品されるクルマはどれも高額で落札されるイメージがある。しかしビッダー(入札者)は、シビアにセレクトして納得できる額で入札してくるので、強気の最低落札額が設定されていると流れてしまうことが多い。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

そのためある意味の自浄作用が働き、適正な価格で落札されることになるのである。もちろん欲しい人が複数いて、共にヒートアップするとその限りではないが……。

次にあまり記されないが、スーパースポーツの現行モデルはベースグレードが出品されることは少ない。フェラーリでいえば488 GTB、ポルシェでは991カレラ/カレラ4などのいつでも買えて数のあるモデルたちである。

オークションで人気を集めるのは希少性があり、誰もが欲しがる本当の限定モデル。このラインから外れる普通のタイプは、街のユーズドカー・ショップに任されている感がある。

新型NSX 海外オークションに出品

旧いクルマたちが中心のボナムス・グッドウッド・リヴァイヴァル・オークションに、現行モデルのホンダNSXが出品された。走行わずか18マイル(28.8km)というデリバリーマイルでイギリス仕様の右ハンドル車。初度登録は、今年6月。このNSXはイギリスで17万250ポンド(2452万円)、日本でもオプションのバレンシアレッド・パールを含め2437万円のプライスタグが付く。

その落札額だが、邦貨換算で2000万円を割ってしまたのだ。



新型NSX(2018年式) なぜ安かったのか

いざオークションが始まると入札が続かず13万2250ポンド(1905万円)で終えてしまった。なぜ値が上がらなかったのだろうか。

一番の要素はいつでも買えるカタログモデルだったことにある。納車までの時間を待てれば、好きな仕様にして手にできるからだ。

またメカニズム的に特殊なモデルだけに、ディーラーから買った方が後々のケアを考えると正解といえよう。スーパースポーツに必須なセレブ感が薄いことも、値が上がらなかった要因のひとつかもしれない。

さらにはイギリス仕様の右ハンドル車だったため、左側通行のヨーロッパ勢が入札を控えてしまったことがある。こうした要素が重なり安く終えてしまったのである。

余談だが日本のユーズドカー・サイトを見るとNSXは2300~2800万円で販売されており、この1905万円という落札額は日本のファンにとってはとても魅力的だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rak*****|2018/10/05 17:36

    違反報告

    単に、人気がないからでしょう?
  • bdv*****|2018/10/05 17:37

    違反報告

    nsx買うなら、r8の方が良くない?
    サーキット走行ならGT-Rの方が速いみたいだし微妙…
  • tab*****|2018/10/05 17:40

    違反報告

    とびきりのプレミアム感が無ければそんなもんでしょ

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します