現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新型ボルボ V60 試乗レポート】デザインと安全装備を強化した美しきワゴン 499万円から

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.4

【新型ボルボ V60 試乗レポート】デザインと安全装備を強化した美しきワゴン 499万円から

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最高峰のアシスト機能を搭載し、実用性&使い勝手も極上なエステート

「ボルボ」のミドルサイズ・ワゴン、『V60』がフルモデルチェンジされた。新型となった『V60』は、すでにセールスがスタートしている『XC60』や『S60』、『V60』、『XC60』などのモデルと同様に”スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー=SPA”と呼ばれる最新のプラットフォームを採用したモデル。ボディサイズは同じワゴンスタイルの『V90』よりも、全長では175mm、全幅では40mm、全高も40mm小さな数字となるが、とりわけ1850mmの全幅は、日常の使い勝手を考えるとその価値は大きい。

    「試乗」ついに日本上陸、ボルボXCシリーズの大本命 ディーゼルターボの走りはいかに

実際に見る新型『V60』のエクステリアは、実に魅力的なデザインだった。特に印象的だったのは、ボディ後端に向かってルーフとウエストラインでスムーズに絞り込まれていくウインドウグラフィック。リアハッチはかつての「ボルボ」製ワゴンほどではないものの、垂直に近い角度に切り落とされ、ここからもラゲッジスペースの機能性に期待が高まる。

かつてSUVというカテゴリーがカスタマーにまだ意識されずに、「ボルボ」のワゴンが輸入車の中でも圧倒的な人気を誇っていた頃、ニューモデルが登場すると、まず自分自身の目で確認したのはラゲッジルームの広さに象徴される機能性だった。スクエアで広くデザインされたラゲッジルームは、これから始まる新しいライフスタイルを想像させ、実際に「ボルボ」のワゴンから何かが始まった。新型『V60』のラゲッジルーム容量は、後席を使用しても先代比で99Lアップの529L。日本のライフスタイルにはジャストサイズと考えられる。

安全性を最優先した車作りは、『V60』にも継承

インテリアや装備内容は、新型『V60』が同クラスのライバルに対して、最も大きなアドバンテージを持つパートともいえるだろう。洗練されたデザインと機能性を両立させた、いわゆるスカンジナビアンデザインのコンセプトを継承。試乗車の『T5インスクリプション』には、まさに世界最高レベルの運転支援、安全装備が標準装備されている。例えば、対向車対応の衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム、対向車が接近している時に自車が対向車線へと意図しないはみ出しを検知すると正面衝突回避のためにステアリングを自動操作、走行車線へと戻すように支援する”オンカミング・レーン・ミティゲーション”、右折時対向車検知機能の”インターセクション・サポート”。この新型『V60』で新採用された、対向車衝突対策の新安全装備。創業以来の「ボルボ」の伝統、安全性を最優先した車作りは、最新作たる新型『V60』にも確実に受け継がれている。

2リッターPHEVモデルは2019年以降に

試乗車の『T5インスクリプション』に搭載されるエンジンは、2Lの直列4気筒ガソリンターボ。最高出力&最大トルクは254ps&350Nmというスペックで、これに8速ATが組み合わされる。駆動方式はFWDのみの設定だ。254psの最高出力を発揮する2Lエンジンは十分にスポーティ。最大トルクの350Nmはわずかに1500rpmで発揮されるから、アクセルを軽く踏み込むだけで、『V60』はすぐに力強い加速を始めてくれる。エンジンは高速域までスムーズに回り、かつレスポンスも素晴らしい。意外にスポーティな走りが楽しめるワゴンだな、というのが第一印象だった。

ちなみに「ボルボ・ジャパン」は、2019年3月以降には、ツインエンジン=PHEVモデルを2タイプ、『V60』のラインアップに追加する予定。ひとつは2L直列4気筒スーパーチャージャー+ターボチャージャー(318ps)+エレクトリックモーター(87ps)の『T8ツインエンジンAWD』、チューニングが異なる同エンジン(253ps)+エレクトリックモーター(87ps)の『T6ツインエンジンAWD』と発表されている。なお、ディーゼルエンジンの設定はない。

センターコンソールにマウントされる縦長のディスプレイ”SENSUS=センサス”でほとんどの操作が可能な最新世代の「ボルボ」。この『V60』に限らず、機能性が大幅に向上したといえる。もちろんその操作を熟知するまでにはかなりの時間が必要になるのだが、機能のすべてを知れば、ドライバーと自動車との間に新たなコミュニケーションを生む魅力的なツールとなるだろう。シート回りのスペースは前席、後席ともに十分に余裕がある。試乗車は上級グレードの『インスクリプション』のため、シートは高級レザーとなり座り心地は上質そのもの。ヒーターやベンチレーションなどの機能も備わる。

そして、サスペンションはフロントにダブルウイッシュボーン、リアにグラスファイバー素材を用いたリーフスプリングを用いたマルチリンクという独特なスタイル。今回は撮影のために3名乗車、くわえてラゲッジルームにはそれなりのウエイトがある撮影機材を積載しての走りとなったが、それでも乗り心地が日本の合法的な速度域では落ち着かないという印象だった。ここからさらに車速を上げれば、欧州車の魅力的な重厚感のある乗り心地と、魅力的な直進安定性が得られるのか。もちろんタイヤのチョイスも重要な要素となるはずだから、まずは18インチの『インスクリプション』ではなく、17インチタイヤが装着される『T5モメンタム』で、このあたりのチョイスを探ってみたいと思った。

「ボルボ」の新型『V60』は、世界的なSUVブームの中で忘れかけていたワゴンの魅力を、もう一度思い出させてくれた、実に魅力的なニューモデルだった。続いて登場するPHEV仕様にも期待したい。

ボルボ T5インスクリプション ¥5,990,000(車両本体価格)https://www.volvocars.com/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します