現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ニュルをドリフトで1周 タイヤ3セット使用 フォード・マスタングRTR

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.27

ニュルをドリフトで1周 タイヤ3セット使用 フォード・マスタングRTR

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 1周でタイヤ3セットを消費
ー 究極の挑戦
ー ニュルドリフト1周、動画をみる

    『マスタング、ニュル一周ドリフト』すべての画像をみる

一周でタイヤ3セットを消費

ドリフトチャンピオンのヴォーン・ギッティン・ジュニアは、900psにチューンしたフォード・マスタングRTRで初めてニュルブルクリンク・ノルドシュライフェをドリフトで一周した。

そのラップタイムは明らかにされていないが、途中の最高速度は240km/h以上に達したという。1周の間にタイヤ3セットを消費したとのことだ。

マスタングRTRはフォード・パフォーマンス製の5.0ℓアルミネーターXSエンジンに、ヴォルテックJLトリム・スーパーチャージャーを搭載し900psを発揮する。さらに、ステアリングの切れ角は65°まで引き上げられている。

車内には6つのマイクが取りつけられたほか、2機のカメラ付きドローンが撮影に用いられた。1機は途中で破壊されてしまったとのことだ。

究極の挑戦

ニュルブルクリンクでは通常ドリフトは禁止されていることから、1周にわたってドリフト走行をしたのは初の試みであった。

ギッティンは「ニュルブルクリンクでドリフトするのは究極の挑戦でした」と語る。

「ドライバーにとってもクルマにとってもこれが可能なのかは大きな疑問でした。わたしの中のなにかがそれを確かめたいと思ったのです」

「わたしはグリーン・ヘルについて知っていることと同じくらい、知らないことも多いと気付かされました。高速でドリフトしているとすべてが違ってくるのです」と彼は続けた。

「周回中の大部分は、わたしのコンフォートゾーンを超えていました。最初にタイヤ交換のため停止した時は、わたしは非常に興奮していました。これはフォーミュラ・ドリフトへの参戦を初めて以来初めての経験です」

ニュルドリフト1周、動画をみる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します