現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > V8初搭載のマセラティ・レヴァンテ 限定15台 エンジン比出力、史上最高

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.26

V8初搭載のマセラティ・レヴァンテ 限定15台 エンジン比出力、史上最高

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー V8エンジン初搭載のレヴァンテ
ー エクステリア、どう変わったか
ー インテリアにも「ならでは」のポイント
ー レヴァンテ・トロフェオ・ローンチ・エディションのスペック

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

V8エンジン初搭載のレヴァンテ

マセラティ・ジャパンは、ことしニューヨーク・モーターショーにて公開したV8エンジン初搭載のレヴァンテを、2019年モデルの日本市場導入に先駆け、日本限定15台のみの特別仕様「レヴァンテ・トロフェオ・ローンチ・エディション」として本日より販売開始する。

この「レヴァンテ・トロフェオ・ローンチ・エディション」は、当車両にのみに適用となる限定色「グリジオ・ヴルカーノ・マット」を纏ったモデルで、今後発売するレヴァンテ2019年モデルには設定されない、日本限定の外装色となる。

さらに購入者には自身のモデルの生産過程の記録映像が提供される。

レヴァンテ・トロフェオ・ローンチ・エディションが搭載するのはマセラティのQ4インテリジェントAWDシステム専用に設計された3.8ℓツインターボV8エンジンで、最高出力590ps/6250rpm、最大トルク74.8kg-m/2250rpmを発生。

操作性を向上させた新デザインのシフトレバー採用したZF製8速オートマティックギアボックスを組み合わせ、0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は304km/h。

1ℓあたりの出力はマセラティ史上最高の156ps/ℓ。他のガソリンエンジン同様に、フェラーリのマラネロ工場で手作業で組み付けらる。

エクステリア、どう変わったか

ハイエンドモデルであるこのトロフェオのデザインは、よりスポーティさを強調。主にフロントフェイスの下部およびリアバンパーがリスタイルされ、マセラティ史上最大となる22インチ鍛造アロイホイール「オリオーネ」によってさらに力強さを増す。

フロントバンパーの両脇に新たに設けられたサイド・エアインテークは、デザインをよりアグレッシブに見せているとともに、ウイングによってスタビリティを向上させるという。カーボンファイバー製のセンタースプリットおよびサイド・ベゼル・ブレードによって空力性能もより高いものとなっているという。

リアデザインは、カーボンファイバー製のリア・エクストラクターとボディ同色のリアバンパー内に収められた4本出しのオーバルのエグゾ―スト・パイプが識別ポイントとなる。

さらにフロントグリルにはピアノ・ブラックで仕上げられたダブル・バーティカル・バーが配され、下部はハニカムメッシュデザインを採用。

また、ボディ同色のドアハンドル、ダークカラー仕上げのエグゾ―ストパイプ、カラーキャリパー、Cピラーに配されたトロフェオ専用のサエッタロゴもポイント。

ロワー・スプリッター、フロント・エア・インテーク内のサイド・ベゼル・ブレード、サイド・スカート・インテーク、リア・エクストラクターは軽量なハイ・グロス・カーボンファイバー仕上げとなる。

エンジンフードにはふたつのエア・インテークが設けられ、フードの下に収められたV8エンジンは、カーボンファイバー製のエンジンカバーにV8の文字とトライデントロゴが配され、シリンダーヘッドおよびインテーク・マニフォールドは赤くペイントされる。

インテリアにも「ならでは」のポイント

レヴァンテ・トロフェオのインテリアデザインについて、「エレガントなアプローチを採用しました」とマセラティ・ジャパンは説明する。

スポーツシートには、最高級のフル・グレイン・レザーである「ピエノ・フィオーレ」を使用し、ヘッドレストには「Trofeo」ロゴが刺繍される。

「この『ピエノ・フィオーレ』はこれまで自動車のインテリアに使用されてきたようなレザーの質を大きく超え、やわらかな質感は時間とともに独特の風合いを見せていきます」(マセラティ・ジャパン)

新たに設定されたマット・カーボンファイバー・トリムおよびシフトパドル、インストゥルメント・パネル、メタル製の「Trofeo」バッジ付きのフロアマットも識別ポイント。

また17スピーカー1280Wのバウワース&ウィルキンス・プレミアム・サラウンド・オーディオ・システムを装備する。

2018年モデルのギブリで既に搭載されていた車両統合制御システム(IVC)を初めてレヴァンテにも搭載している。

レヴァンテ・トロフェオ・ローンチ・エディションのスペック

■価格 2370万円
■全長×全幅×全高 5020×1985×1700mm
■最高速度 304km/h
■0-100km/h加速 3.9秒
■燃費 7.4km/ℓ
■CO2排出量 313g/km
■車両重量 2615kg
■パワートレイン V型8気筒3798ccツインターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 590ps/6250rpm
■最大トルク 74.8kg-m/2500rpm
■ギアボックス 8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します