現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ベトナム「ヴィンファスト」 ピニンファリーナ起用 BMWベースの2車種投入へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.13

ベトナム「ヴィンファスト」 ピニンファリーナ起用 BMWベースの2車種投入へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 2019年秋に本格生産開始
ー 世界各国の自動車エンジニアを採用

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

2019年秋に本格生産開始

ベトナムの新興自動車メーカー、ヴィンファストはそれぞれ先代BMW 5シリーズとX5をベースとする2車種をパリ・モーターショーで公開する。来年後半には新開発のEVを発表予定だ。

パリで発表予定の名称不明の2モデルは、BMW製N20ユニットをベースとした2.0ℓガソリンターボエンジンを搭載し、FRと4WD仕様が用意される。このモデルは2019年3月に試験生産が開始された後、ハノイから110kmほど離れたハイフォン近郊の新工場が完成次第9月から本格的な生産が行われる。

これらのモデルはイタリアのデザインハウス、ピニンファリーナと共同でデザインされたものだ。両社は2017年8月からそのスケッチ作業を開始しており、10月までには20前後の案が出たという。その1カ月後には最終デザインが決定し、1月にモックアップが完成した。

この新工場では、電動スクーターの生産も行う予定だ。一方、ヴィンファストは英国でヴォグゾール・ヴィヴァとして販売されている車両のライセンスも取得している。これもデザインに手が加えられたのち、2019年秋からベトナムで販売される。1.0ℓマニュアルを搭載するタクシー仕様と、1.4ℓCVTの2種類が設定されるようだ。

世界各国の自動車エンジニアを採用

さらに同社は2025年までに50万台の車両と100万台の電動スクーターを販売するという目標を達成するため、電動バスの投入も検討している。

新型車を開発するため、ヴィンファストは世界中から経験豊富なエンジニアを雇用している。この中にはGM出身のデザイナー、デイビッド・リオンや英国のケビン・フィッシャーとロイ・フレックネル、そしてオーストラリアのショーン・カルバートなどが含まれる。

ヴィンファストの開発に協力するメーカーにはピニンファリーナ、ボッシュ、マグナそしてシーメンスなどが挙げられる。フィッシャーによれば、フラッグシップに用いられるBMW製プラットフォームは「将来にも通用する」ように改良され、世界的な規制にも適応するという。具体的には、側面衝突および歩行者保護性能が改善されたとのことだ。

ベースとなったBMW製エンジンは177psまたは230psの仕様が存在し、ZF製8速ATと組み合わされていた。ハイブリッド仕様も将来的に設定される可能性がある。ヴィンファストはBMWのバルブトロニックヘッドのライセンスを購入していないため、よりコンベンショナルなバルブトレインが使用されるだろう。

デザインボスのリオンは親会社であるヴィングループの会長、ファム・ニャット・ヴォンからデザインに必要な時間を短縮するよう指示されたという。昔ながらのクレイモデル作成を省略し、初期デザイン作成から完成までを11カ月未満で仕上げたとのことだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します