現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プジョー208 市販用ボディでのテストを目撃 EV仕様も

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.6

プジョー208 市販用ボディでのテストを目撃 EV仕様も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 市販仕様のボディ 軽度の偽装のみ
ー EVはやや遅れて登場か

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

市販仕様のボディ 軽度の偽装のみ

プジョーは来年新型208を投入し、超小型車市場での存在感を増す考えだ。フォード・フィエスタなどをライバルとし、通常の内燃機関仕様に加え電動仕様も用意される。

本来今年発売予定であった新型208は、来年初頭に延期された。ジュネーブ・モーターショーでの発表が濃厚だ。PSAグループはDSの拡大を優先事項としているほか、プジョーの3008、5008、2008などのSUVを投入する。

今回目撃された208のテストカーは、市販仕様のボディに軽度の偽装が施されていた。より大型の308からインスパイアされたデザインを持つことは明らかだが、3008や508などのような最近のモデルとも共通の複雑なライトを装備している。

このクルマは今後数週間以内に発表されるDS3クロスバックに引き続き2番目にCMPアーキテクチャを採用するモデルだ。室内空間やパッケージングが改善されるほか、このプラットフォームはEV化にも対応している。

EVはやや遅れて登場か

これはすなわち、208にモーターを搭載する上での変更は最小限で済むうえ、バッテリーを搭載してもキャビンが犠牲になることはない。パワートレインの詳細は明かされていないが、最低でも300kmの航続距離を持つと見られている。

理論的には、208のEV仕様も同時に発売することができるはずだが、実際には内燃機関仕様より遅れて投入されるようだ。AUTOCARでは、EV仕様とのルックスの差は小さいと考えている。

電動仕様の追加に加え、208では内装にも大きな変更が加えられるようだ。運転支援装備やコネクティビティも強化され、小型車として初めて半自動運転が可能になるかもしれない。

208GTiも将来の選択肢に含まれている。うわさによれば、こちらもガソリン仕様とEV仕様が用意される可能性があるとのことだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します