現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 590psの最強SUV! レヴァンテ・トロフェオとレヴァンテGTSがモントレーに登場

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.23

590psの最強SUV! レヴァンテ・トロフェオとレヴァンテGTSがモントレーに登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マセラティのSUV、レヴァンテにV8ツインターボを搭載する590psのトロフェオ、550psのGTSが加わった。発表されたばかりのこの2台が、モントレー・カーウィークに登場、注目を集めた。

 マセラティがカリフォルニアで開催されているモントレー・カーウィークに「レヴァンテ・トロフェオ」と「レヴァンテGTS」を出展した。
 4月のニューヨーク国際オートショー2018以来の登場となるレヴァンテ・トロフェオは、590psの3.8L V8ツインターボエンジンを搭載したレヴァンテの最強モデル。590ps/6250rpm、730Nm/2250rpmのパワーとトルクはQ4インテリジェントAWDによって4輪に伝えられ、0-100km/h加速は僅か3.9秒、最高速度は300km/hオーバーという凄まじい速さを発揮する。
 もちろんエンジンはマラネッロのフェラーリ・ファクトリーにおいて職人の手によってくみ上げられる。エクステリアはロワースプリッター、フロント・エアインテーク内のサイドベゼル、サイドスカート・インテーク、リヤ・エクストラクターがハイグロス・カーボンファイバーで仕上げられており、高性能をアピール。ボンネット上のふたつのエアインテークも、通常のレヴァンテとは明らかに違う雰囲気だ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?


 7月にグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018でデビューしたレヴァンテGTSは、トロフェオと同様の3.8L V8ツインターボを搭載するが、パワーは550ps/6200rpmとやや控えめ。しかしトルクは730Nmという取るフォエオと同じ大トルクを2500~500rpmで発揮する。0-100km/h加速は4.2秒、最高速度は292km/hだという。
 インテリアは最高級フルグレイン・レザーの”ピエノ・フィオーレ“をトロフェオに標準装備、GTSにオプション設定。17スピーカーで出力1280wのBowers&Wilkins製オーディオも装備している。
 すでにレヴァンテ・トロフェオもレヴァンテGTSもトリノのミラフィオーリ工場で生産が始まっている。日本への上陸は秋となる予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan GENROQ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します