現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > いまや燃費はCVT。新開発MTが選べる新型カローラスポーツ CVTと比べて燃費はどうなの? 価格は?

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.2

いまや燃費はCVT。新開発MTが選べる新型カローラスポーツ CVTと比べて燃費はどうなの? 価格は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタが8月2日から発売を開始したカローラスポーツの6速MTモデル。1.2ℓエンジン搭載車のFFモデルは、新開発の6速MTであるiMTを選ぶことができる。

 新型カローラスポーツのコンベエンジンバージョンである1.2ℓ直4ターボエンジン(8NT-FTS)搭載のX、G、G"Z"の3グレード、どれでもCVTと6速MTが選べるようになった。
 クルマ好きのおじさんたちは、「お、MTが選べるのか!」と色めき立つところだが、想定ユーザーである若者層にはMTはどう受け止められるのだろう?

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 まずは価格を比べてみる。
中間グレードのGは
MTモデル:222万4800円
CVTモデル:225万7200円
で、MTが3万2400円お安い。
 車重は
MTモデル:1300kg
CVTモデル:1310kg
と10kg、MTが軽い。
 新型MTは、従来型MTと比較して、7kg軽く、全長でも24mmもコンパクトに仕上がっているのに、重量差は10kg。最新のCVTの軽さを実感するところだ。

 もっと驚くのは、燃費。かつては2ペダルAT(CVT)より、MTの方が燃費がよかった(トランスミッションの伝達効率がMTの方が高いため)ものだが、エンジンとトランスミッションの協調制御が進んで、いまやAT/CVTの方が良好な燃費値をマークするのが一般的になった。とはいえ、たとえば、WLTCの高速道路モードとなれば、MTの素の伝達効率の高さが際立つか、と思ったのだが、実際の数値は、次のようになっている。


燃費は6MTが
WLTCモード:15.8km/ℓ
市街地モード:12.5km/ℓ
郊外モード:16.0km/ℓ
高速道路モード:17.7km/ℓ
JC08モード:16.4km/ℓ

CVTが
WLTCモード:16.4km/ℓ
市街地モード:12.9km/ℓ
郊外モード:16.9km/ℓ
高速道路モード:18.2km/ℓ
JC08モード:19.6km/ℓ

 というわけで、どのモードでもMTがCVTに負けてしまうのだ。
 モード燃費で勝てなくて(運転が上手なドライバーが操れば実燃費ではMTの方がいい場合もあるだろう)、車重も価格もほぼ同等。それでもMTを選ぶユーザーを、もちろん本サイトは応援したい。MTでクルマを操る愉しさがもはや伝統芸能の域に達していようとも、それをあえて選ぶ、カローラスポーツのユーザーのボリュームが、トヨタの想定より多いことを願っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します