現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型トヨタ・スープラ(A90)、車重1500kgか レクサスFシリーズ並みのトルク

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.14

新型トヨタ・スープラ(A90)、車重1500kgか レクサスFシリーズ並みのトルク

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車重、1500kgという情報も

新型トヨタ・スープラのチーフエンジニア、多田哲哉に、デモ走行が行われたグッドウッドの会場で取材することができた。

    『新型トヨタ・スープラ(A90) 86よりも低い重心/短いホイールベース』すべての画像をみる

その時のやりとりから、新型は最大トルク:53kg-m前後、車重:1500kgというスペックが見えてきた。

「具体的な数値をお伝えすることはできませんが、搭載エンジンのアウトプットはレクサスのFシリーズ(最大トルク:53kg-m台)と同等です」

「それでもご覧頂きました通り、このモデルは軽量でコンパクトです。ホイールベースはGT86よりも短く、(1700から1800kgある)Fシリーズよりも約200から300kgほど軽いのです」

今回確認できた情報は、ネット上にリークされている車重1496kgという数値を裏付けるものだ。

それが正しければ新型は、

・GT86よりも250kg重い
・先代スープラよりも14kg軽い
・ポルシェ911カレラS(PDK車)よりも14kg軽い

という重量になると考えられる。カレラS(PDK車)は、スープラの予想0-100km/h加速タイム、3.8秒に最も近いライバルだ。



前後重量配分は50:50

新型は直6ターボエンジンを採用し、後輪を駆動。多田によれば「リミテッドスリップ・ディファレンシャルを装備し、前後重量配分は50:50」であるという。

さらに彼は、新型がニュートラルなバランスを実現しており、自身がエンジニアリングを指揮したGT86よりも熱中させられるところがあると話している。

「重心はGT86よりも低くしました。ボディ剛性は2倍になっています」

われわれが、新型スープラの市販仕様を目にするのは2019年初頭ということになろう。生産開始は同年春だ。

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『新型トヨタ・スープラ(A90)、車重1500kgか』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します