現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > インタビュー、水野麗子 イベント・コンパニオンという仕事とは(1)

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.30

インタビュー、水野麗子 イベント・コンパニオンという仕事とは(1)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー AUTOCARで紹介された「あのひと」
ー イベント・コンパニオンという仕事
ー キッカケ、人生初めてひと前に立つ
ー 「知ること、考えること」という責任

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

AUTOCARで紹介された「あのひと」

AUTOCARでは、2018年の東京オートサロンから、クルマに加え積極的にイベントに花を添えるコンパニオンの掲載を続けている。

多くのコンパニオンを紹介したなかで、写真点数に関係なく、いくつものイベントで閲覧回数トップを飾っている女性がいた。

その女性は、フリーランスのモデルとして、クルマ/バイク/フィッシング等のイベントでイメージ&キャンペーンガールとして活躍している水野麗子さん。

クルマに関わる女性(ひと)を撮りおろしの写真とともに紹介していくという企画をスタートするにあたり、人選の際にまず名前がでたのが彼女。

われわれが知っているようで知らない、クルマなどのイベント・コンパニオンの仕事。キャリアのある彼女を通してその仕事を知ると共に、彼女自身の仕事に対する姿勢/想い、そして彼女自身の事を語ってもらうことにしよう。

第1回目となる今回は、水野麗子さんがこの仕事に入ったキッカケ、イベント・コンパニオンという仕事に対する、彼女の姿勢についてインタビューする。

キッカケ、人生初めてひと前に立つ

幼い頃から芸能には興味があったという水野さんが、初めてひと前に出る仕事をしたのが24歳の頃、ドレスショップのショーモデルだったという。

その後、イメージガールなどを経て、知り合いのカーショップから、イベントのキャンペーンガールをやってみないかと誘われたのが、イベント・コンパニオンのスタートとなった。

「初めてイベントで立った時は、意外になんにも思わなかったですね。全然、恥ずかしくもないし、逆に堂々と。緊張もしなかったし。ひとに見られる仕事は、初めから全然抵抗がなかったのですが、全然緊張しなかった自分にビックリしました」

イベント・コンパニオンという仕事

そのスタートからこれまで数々のイベントに参加し、様々な経験を重ねてきた水野さん。われわれが目にするのはイベントで立っているまさにその姿なのだが、彼女の仕事はそれ以前に、知る事と考える事からスタートしているという。

「何を売りにしているか、アピールしたいかをクライアントにお聞きすることから仕事が始まります。クライアントからお聞きしたことをどう伝えていくか、クルマのイベントならクルマや商品をどうアピールするかを考えてから、ポージングなども決めていきます」

商品をよりよく魅せるために、様々なことを考えるという水野さん。その中にはもちろん、ひと前に立って商品をアピールする自分自身のキャラクターづけも含まれる。

衣装に関してはクライアント側から用意されるものが多いということだが(ひとが変わっても同じ衣装、ということも多いのだという)、その中でどう商品とブースをアピールしていくかを考え、クライントに提案し、お互いにイメージを共有していくという作業がイベントまでに繰り返されることになる。

その作業は、信頼関係を高めると共に。イベントまでに彼女自身のモチベーションを高めていく作業となっているようだ。

「リサーチしてよく考えて。時に、『(製品にあわせて)髪を切ろうと思うんですけど、どうですか?』などとクライアントさんに提案させていただいたりもします」

「衣装に関しても、まず写真をいただいて、どこをどう痩せさせるかなどイメージすることからスタートですね。話し合いの中で意見を伝えて一緒に創り上げていくことで、自分のポテンシャルもあがっていく。そうすると要求されている以上に、もっともっといいものを、と自分のなかのモチベーションが上がっていくんです」

「(イベントで)立つからにはメーカーさんのイメージと名前を背負ってるんで、失礼のないように、いい意味でアピールできて商品などをもっと知ってもらえることが大切だと思っています。自分が立つことで、少しでも良い方向にいってもらいたいので」

「知ること、考えること」という責任

知ることと考えること、そして次回で紹介する努力を重ねたうえで、われわれがイベントで見ている水野麗子というイメージが創り上げられていく。

複数のコンパニオンさんと立つときには、全体のバランスでイメージを統一したり、あえて違う方向性にするなどの演出を行うこともあるというが、これも全てクライアントと商品の事を知り、理解したイメージの延長線上で判断となっている。

さらにイベントなどで商品を実際に販売することもあるため、やはりイベントの事前に様々なことを知っておくことが重要になると、彼女はいう。

「メーカーさんによって様々な商品があるので、その商品を理解せずに立ってるだけでは、どこをアピールしていいかもわからないですよね。だから商品の話を色々お聞きして。わからないものはわかった振りをしないで、スタッフさんにしつこいほどお聞きしてます」

「物販などもしたりするので、自分自身で商品のことを知ったうえで、メーカーさんの商品に対する想いとか、逆に買ってもらうひとの気持ちも考えながら商品をお勧めしています。そういう事(知るという作業)をしていかないと、いい仕事ができないな、と思うんですよ」

(第2回につづく)

AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『インタビュー、水野麗子』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します