現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 登場 アストン マーティンDBSスーパーレジェーラ DB11との違いは

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.27

登場 アストン マーティンDBSスーパーレジェーラ DB11との違いは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー DB11と共通点おおく パワーは上乗せ
ー サウンド、空力を強化 軽量化も
ー 扱いやすいパフォーマンス
ー DBSスーパーレジェーラについて

    『アストン マーティンDBSスーパーレジェーラ』すべての画像をみる

DB11と共通点おおく パワーは上乗せ

新型DBSスーパーレジェーラは、アストン史上最速かつもっともパワフルな市販車だ。最高速度340km/hを誇り、フェラーリ812を確実に射程圏内に収める。

アストン マーティンは2012年に消滅したDBSの名称を復活させ、現行のヴァンキッシュSと交代させる方針だ。1967年の初代DBSからの伝統である「スーパーレジェーラ」という名称はイタリア語で超軽量を意味する。一方、ヴァンキッシュの名称はマクラーレン720Sをライバルとするミドエンジンのスーパーカーに使われることになるだろう。

実質的にはヴァンキッシュSの後継だが、DBSスーパーレジェーラの趣向は少々異なっている。アストン マーティンのエクステリアデザインチーフを務めるマイルズ・ニュルンベルガーはこの名称について「非常にロマンチックな名前です。名は体を表すとはこのことでしょう。ヴァンキッシュとは似て非なるクルマに仕上がっています」

DBSスーパーレジェーラはDB11とシャシーを共有し、同じ5.2ℓV12ターボを搭載する。ただしこのユニットはDB11 AMRの639psに対し、DBSでは725psまで高められている。また、91.8kg-mのトルクを1800-5000rpmで発生する。これはDB11 AMRよりも20.5kg-mの上乗せだ。

増強されたパワーとトルクに対応するため、トランスミッションなどは新設計され、ドライブレシオはDB11の2.7:1に対し2.9:1に改められた。これにより、0-100km/h加速は3.4秒、0-160km/hでは6.4秒となった。

サウンド、空力を強化 軽量化も

スーパーレジェーラにはDB11との差別化のため、より大型のフロントグリルが装着され、ヘッドライトやテールライトも新デザインとなる。また、トランクリッドのバッジが「ASTON MARTIN」というロゴになっている。

ほかには、「より印象的な」サウンドを奏でるという4本出しエグゾーストシステムが新設計された。これにより音量はDB11よりも10db大きくなっている。チーフエンジニアのマット・ベッカーは、「音量だけではなく、音質にもこだわりました」と語る。

ボディワークは、フロントスプリッターやリアディフューザー、それにエアロブレード2と呼ばれるリアウイングにより、フロントに60kg、リアに120kgのダウンフォースを生み出している。トータル180kgという数値は、アストン マーティンの公道仕様車としては最大だ。DBSとDB11の空気抵抗値は同じだが、DB11のダウンフォースは70kgにすぎない。

DBSスーパーレジェーラの乾燥重量は1693kgとなった。21インチホイールには専用のピレリPゼロが装着される。

このようなスペックにも関わらず、このクルマは快適性とパフォーマンスを両立しているとベッカーはいう。「われわれはとてつもなく速いながらも、ヴァンテージのようなサイズ感とレスポンスが得られるクルマを目指しました」

扱いやすいパフォーマンス

「パフォーマンスの数値を見ると、おそろしいクルマのように感じるでしょう。実際、このクルマは驚くほど速いです。しかし、そのパフォーマンスを引き出すのにそれほどの勇気は必要ありません」

ベッカーによれば、この強大なトルクに対応するため、ESPやトラクションコントロールの調整に力を入れたという。「非常に楽しめる仕上がりになっています。ある程度の腕があれば、スライド状態でのコントロールに必要なすべての情報が伝わってくるはずです」

ニュルンベルガーによれば、アストン マーティンのターゲットはヴァンキッシュやフェラーリのオーナーの中で、「素晴らしく速いが、過激すぎないクルマ」を求めるひとだという。DBSはアストン マーティンが「2世紀目」を迎えるにあたり発表した、7年間に7車種を発表するという計画の3車種目にあたるモデルだ。このモデルレンジ拡大により、新たな顧客層を開拓することが狙いだ。

DBSスーパーレジェーラは今年後半にクーペ仕様が発売され、22万5000ポンド(3273万円)からとなる。すでにテストが目撃されているヴォランテは2019年前半の登場となるだろう。

DBSスーパーレジェーラについて

パフォーマンス

DBSの0-100km/h加速は3.4秒、0-160km/hは6.4秒、そして0-200km/hは9秒以下とアナウンスされている。これらの数値はトラクションによる限界値だ。縦方向のグリップによる制限を受けない理論値では、フェラーリ812スーパーファストにより近いものとなるだろう。

トランスミッション

DBSは91.8kg-mもの大トルクを受け止めるため、新設計のギアボックスを搭載する。さらに、加速性能を重視するため、ファイナルレシオが低められている。DB11の2.7:1から、ヴァンテージと同じ2.9:1に変更された。

エンジン

この最新版V12エンジンは725psを発揮する。ただし、これがヴァンテージにも搭載される日がくるかどうかはわからない。

アストンのマット・ベッカーは「あらゆる可能性が残されており、エンジン自体は搭載可能です。ただし、必要な冷却装置を搭載するスペースがヴァンテージにはありません」という。

ホイールとタイヤ

専用設計のピレリPゼロはヴァンテージのそれと同様に見えるが、コンパウンドや構造は全くの別物だ。ホイールは21インチで、スタンダードまたは軽量ホイールが選択できる。

エアロダイナミクス

エアロブレード2というリアウイングや、アンダーカバー、フロントスプリッター、リアディフューザーなどが装着される。これによりフロントに60kg、リアに120kgのダウンフォースが生まれる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します