現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 苦戦のジェイド、新たなパッケージで起死回生なるか マイチェン先行公開

ここから本文です
ニューモデル 2018.3.8

苦戦のジェイド、新たなパッケージで起死回生なるか マイチェン先行公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは、5月にマイナーチェンジを予定している「JADE(ジェイド)」の概要を8日、ホームページで先行公開した。

今回のモデルチェンジでは、1.5Lターボエンジンを搭載している「JADE RS(ジェイド アールエス)」を2列5人乗り仕様へ変更し、新たに「スポーツ ハイブリッド i-DCD(インテリジェント デュアル クラッチ ドライブ)」を搭載した仕様も追加設定する。公開された動画を見ると、レーシングドライバーの山野哲也氏がドライブするジェイドのステアリングにこれまで装備されなかったパドルシフトも追加されているようだ。

    MC版ホンダ ジェイドを発表。2列5人乗り仕様の追加で販売巻き返しへ

新たにRS専用色として「プレミアムクリスタルオレンジ メタリック」や、ブラックルーフ仕様を追加。また、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプに標準装備する。
 
ストリームの後継として2015年に登場したジェイド。デビューから3年目の2017年の総販売台数が2000台に届かないというかなりの苦戦状態。2列5人乗りというパッケージと、デュアルクラッチにパドルシフトの組み合わせを手に入れ販売を伸ばすことができるのか? 今後のジェイドの売れ行きが気になるところだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します