現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダからN-BOXベース新型情報キャッチ! まさかの高性能「軽バン」!?!?

ここから本文です
ニューモデル 2017.12.29

ホンダからN-BOXベース新型情報キャッチ! まさかの高性能「軽バン」!?!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年9月に2代目へとフルモデルチェンジしたN-BOXが、発売から1カ月で5万台以上の受注と好調な売れゆきを見せている。2017年の年間販売台数トップ車種となることはほぼ確実で、このN-BOXをベースに、ホンダは2018年中頃に新たなニューモデルを投入。
 本誌はその新型車情報をキャッチしました。以下、ホンダ販売店首脳より掴んだ情報をお知らせします。
文:ベストカー編集部
2018年1月10日号より

■ハイルーフ型商用バンという市場を創り出す

    ホンダ N-BOXなら彼女とのデートだって快適に過ごせる

 ホンダが仕掛けるN-BOXベースの新型車とは、ズバリ新型商用バン「N-VAN」だ。

 ベースとなる現行N-BOXは今年9月のフルモデルチェンジで(スタイリングはキープコンセプトながら)新開発のプラットフォームとエンジンを採用し、すべてを一新。

 先代型でもクラス最大級の室内空間を誇っていたが、新型ではさらにエンジンルームのコンパクト化、テールゲートの薄型化などにより、室内長で+60mmとさらに拡大。このN-BOXのコンポーネンツをベースにN-VANでは、商用車向けに徹底的に仕様を見直しているという。

 N-VANの大きなポイントのひとつが、商用バンとしての実用性を追求した圧倒的な室内空間だ。

ホンダN-VANは2018年7月頃デビュー予定(本誌予想CG)

 現時点でその具体的な数値の一部が判明していて、2名乗車時の荷室長が1630mm、荷室高が1365mm。商用1BOXの現行型アクティバンは荷室長1725mm、荷室高1200mmなので、荷室長では1BOXタイプにはかなわないものの、室内高は圧倒的な高さを実現することになる。

圧倒的な室内高で、高い使い勝手を実現する(本誌予想CG)

 さらに室内で面白いのがシートアレンジで、運転席以外のシートがすべて格納することができ、フルフラットな荷室スペースに変えることもできるというから注目だ。

 そのいっぽうで、N-VANの魅力は商用車としての実用性だけじゃないという。

 広い室内スペースを活かしてキャンパー仕様へのカスタマイズも可能で、フラットなフロアの上を荷室空間にしながら、その上にマットレスを敷けるベッドキットを用意。リアバンパーには電源コンセントを装備するという。

 モデル体系は「ノーマル」「COOL」「FUN」の3タイプが用意され、タイプごとに異なるフロントマスクになる模様。

 N-BOXが新型で価格アップしたため、N-VANでは130万円前後を中心にした割安感のある価格に設定し、若者もターゲットにするという情報もある。遊べる軽バンとしての可能性を大きく秘めたN-VAN。デビューは2018年7月頃になりそう。

単なる商用バンではなく、キャンパー仕様の装備も設定されるなど、遊び心もあるN-VANは、1970年代の名車ライフ ステップバンの現代版となりそう。ベースは大人気モデルである新型N-BOXだが、商用バンとしての機能性がさらに高められ、フロントマスクも専用のデザイン。仕様が異なる3タイプが設定されるという

 

(ベストカーWeb ベストカー編集部)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します