現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバルWRX STI後継 プラグインハイブリッド化を明言 SGP/VIZIV示唆

ここから本文です
ニューモデル 2017.11.15

スバルWRX STI後継 プラグインハイブリッド化を明言 SGP/VIZIV示唆

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクサー廃止 PHEVのWRX STIに?

欧州スバルのセールス&マーケティング・マネージャーのデイヴィッド・デッロ・ストリットのことばを借りると「スバルWRX STIは、より環境にフレンドリーになる」ということになる。

    スバルの「独自すぎる」ブランド再構築の手法 欧州不振は「織りこみ済み」

彼がオランダのウェブサイト「AutoRAI」で語った内容は「2.5ℓボクサーターボは、将来的に姿を消す」ということと、もうひとつ「それはプラグイン・ハイブリッドに切り替えられる」というもの。

STIの名にふさわしいプラグイン・ハイブリッドがデビューするのはもう少し先になるけれど「開発は進んでいる」と断言する。

ということは、WRX STIは一時、移行期間という名の空白の時代となるのだろうか?

「WRX STIがなくなることはありません。ただし時間はかかるでしょうね」とデッロ・ストリット。「『ファントゥドライブ』をわたしたちは諦めていませんから。ただし、『たんに楽しければいい』という時代ではありません」と言うではないか。

もう少し深く切りこんでみよう。

SGP、WRX STIの将来を強く示唆

次期型のWRX STIから、はっきりとプラグイン・ハイブリッドに切り替わるとは言わないものの「スバルはマーケットの状況を注意深く見守り、将来的にどうすればいいかを考えます」という。

世界的な電動化への移行を意識していることは確かで、産業のみならず法的な移行も眼中にはっきりとあることが伺える。

電力を借りるWRX STIがいつごろデビューするのかは名言しないが、東京モーターショーで「VIZIVパフォーマンス・コンセプト」も展示している。

パワートレインのディテールは明かされていないものの、水平対向エンジンを核としたシンメトリカルAWDが組みあわされることは明らかになっている。

将来的にはSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)アーキテクチャを基本とするはず。ハイブリッドを視野に入れたモジュラー・プラットフォームである。

2020年にはWRX STIのようなニッチ製品とは異なる電動化モデルもデビューする予定のようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • azu*****|2017/11/15 06:54

    違反報告

    またまたスバルさんのコンセプト詐欺かな
    コンセプトはいつもクーペスタイルだけど実際は…
    ライト類もコンセプトはカッコイイのに残念
  • fie*****|2017/11/15 07:06

    違反報告

    軽いボディーにシュンと回るエンジン、これだけでいいんだよ。
    バッテリーとかモーターなんて、使わない時はデッドウエイトにしかならん。

    それに、エンジンとモーターの協調制御は、ドライバーにとってブラックボックスだから気持ち悪い。
    本来、アクセルはスピードを調整する物ではなくて、パワープラントの出力を調整する物なんだからね。
    右足でパワープラントを意のままに操るのが、スポーツの醍醐味だと思う。
    純EVならいいけどね。
  • moh*****|2017/11/15 10:24

    違反報告

    一つ言えるのは更に重くなるのねって事。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します