現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > モリコロパークでセントラル・ラリー開幕に向け設営進む。哀川翔や勝田貴元も姿見せる

ここから本文です
スポーツ 2019.11.8

モリコロパークでセントラル・ラリー開幕に向け設営進む。哀川翔や勝田貴元も姿見せる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セントラル・ラリー愛知/岐阜2019の開幕を翌日に控えた11月7日、ヘッドクォーターとサービスパークが設けられる愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で各チームによる設営準備が進められた。

 11月8~10日に開催されるセントラル・ラリー愛知/岐阜は、2020年11月に開催されるWRC世界ラリー選手権の第14戦『Rally Japan(ラリー・ジャパン)』のリハーサルイベントとして行われるイベント。その名のとおり、愛知と岐阜の両県をまたぐ形で開催され、WRCを戦うトヨタ・ヤリスWRCや全日本ラリー選手権を戦う車両、ドライバーなどが多く参戦する。

    ペターの息子オリバー・ソルベルグ、“諸事情”によりセントラル・ラリー愛知/岐阜欠席

 大会は8日(金)に最後の試走チャンスとなるシェイクダウンや開会式、セレモニアルスタートが行われて開幕を迎えるが、その前日の7日(木)には各スペシャルステージ(SS)を下見するレッキが行われ、マシンをメンテナンスするサービスパークではテントの設営などが行われた。

 この日のモリコロパークは晴天に恵まれ、風も吹かなかったため、上着を羽織って歩くと汗ばむような陽気に。そんななか、各チームや大会関係者が設営を進めていたほか、ヤリスWRCをドライブする勝田貴元や、哀川翔(トヨタ・ヴィッツ)といったドライバーたちも姿を見せた。

 開幕日となる8日は、16時ごろからモリコロパーク内のサイクリングロードを使用したステージ『EXPO PARK SS リバースショートコース』でシェイクダウンが行われたあと、17時30分から同パーク内で開会式とセレモニアルスタートが行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します