現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD、フェラーリの直線性能低下は「明らか」と語るも、“疑惑”との関連性については慎重姿勢

ここから本文です
スポーツ 2019.11.6

ホンダF1田辺TD、フェラーリの直線性能低下は「明らか」と語るも、“疑惑”との関連性については慎重姿勢

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1アメリカGPでフェラーリは2台揃って表彰台を逃した。これはサマーブレイク以降のレースでは初めてのことだ。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンはレース後、フェラーリが苦戦した原因について、以前からその合法性が疑われていた燃料消費の方法に関してFIAが技術指令を出したことが影響しているのではないかと語った。フェラーリ側はそれに猛反発し、シャルル・ルクレールが予選以降は旧スペックのパワーユニット(PU)を使用していたと主張した。

    ■「不正をやめたからだ」フェルスタッペン、フェラーリ勢の失速にチクり口撃

 ホンダのF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治は、その理由が何であれ、フェラーリの直線でのパフォーマンスが低下したことは明らかだったと語った。

「シャシーのドラッグ(空気抵抗)とエンジン(PU)のパフォーマンスを切り離して考えることはできません」と田辺TDは語った。

「スピードだけを見れば、フェラーリと我々とのギャップはこれまでのレースよりも縮まっていました。それに関しては明らかです。ただ、それがエンジンだけの問題なのか、シャシーの問題なのかは分かりません」

「彼らはレースペースもこれまでと違って良くありませんでしたが、それはマシンのパッケージが異なっていたのか、マシンがこのトラックに適していなかったか、そのどちらかだと思います」

 今回、FIAから技術指令が出される発端となったのは、レッドブルがFIAに問い合わせをしたことだ。

 レッドブルは、フェラーリが燃料流量の計測システムの抜け穴を利用しているのではないかと疑い、いくつかのシナリオについてFIAに問い合わせた。その結果、FIAはそれらのシナリオが全て違法であることを明らかにし、フェラーリを含む全てのチームに技術指令の形で通達した。

 フェルスタッペンはフェラーリのパフォーマンス低下が技術指令と関係しているとの見解を示したが、田辺TDはアメリカGPの結果だけから結論を出すことには慎重だ。

「ブラジルGPとアブダビGPでのデータが必要です」と田辺TDは続けた。

「いろいろなことが分かるのはそれからです。我々はこのレース(アメリカGP)だけでは何も知ることはできないのです」

 フェルスタッペンはメキシコGPで予選Q3トップタイム(グリッド降格ペナルティによりポールポジション獲得はならず)を記録し、アメリカGPでは最後までメルセデス勢と遜色ないペースで走行するなど、力強い走りを見せた。田辺TDは北米2連戦でのレッドブル・ホンダのパフォーマンスには驚かされたと語った。

「マックスが(ポールポジションに)非常に近い予選タイムを記録して2列目につけるとは予想していませんでした」

「夏休み前に(レッドブルと)トップランナー(メルセデス)との差が縮まり、夏休み後にはフェラーリが大きく進歩を遂げました。そして今、3チーム全てが接近しています」

「ただ、残りの2レースではどうなるか分かりません。ブラジルとアブダビを終えれば、メルセデスとフェラーリに対する我々の競争力が分かることでしょう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します