現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP/WSBK】高橋巧、WSBK挑戦へ。ホンダが2020年の2輪モータースポーツ参戦体制を発表

ここから本文です
スポーツ 2019.11.5

【MotoGP/WSBK】高橋巧、WSBK挑戦へ。ホンダが2020年の2輪モータースポーツ参戦体制を発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダはイタリアで開催されているEICMA(ミラノショー)2019で、2020年の2輪モータースポーツ活動の参戦体制を発表した。

 今回ホンダはEICMAで新型バイク「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」を発表。さらにこのマシンをベースとしてスーパーバイク世界選手権(WSBK)にホンダ・レーシング(HRC)のワークスチーム“Team HRC”として参戦することを明かした。

    ■「悔いは無い」中上貴晶、2019年シーズンは“悪くはなかった”と評価

 同チームのライダーは既にHRCとの契約が公表されていたアルバロ・バウティスタ、そしてレオン・ハスラムの2名体制だ。

 またサテライトチームとして「MIE Racing Team」が参戦し、同チームからは全日本ロードレース選手権で今季2位となった高橋巧が世界選手権に挑戦する。高橋は以前からWSBK参戦が噂されてきたが、現実のものとなった格好だ。なお高橋のチームメイトは今後発表されるとのことだ。

 ロードレース世界選手権(MotoGP)は今季と布陣は変わらず、レプソル・ホンダ・チームはマルク・マルケスとホルヘ・ロレンソ、サテライトチームはカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)と中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)がそれぞれ残留となった。

  なお中上が来季使用するマシンについてだが、今回の発表では4名全員がワークスマシンを使用する、とされている。

 Moto2クラスに参戦するIDEMITSU Honda Team Asiaチームはソムキャット・チャントラが継続参戦し、現在アジアロードレース選手権SS600クラスに参戦しているアンディ・ファリド・イズディハールとタッグを組む。

 Moto3クラスのHonda Team Asiaは小椋藍が継続参戦し、新たに加入する國井勇輝の2名体制で2020年シーズンを戦う。

 またFIM世界耐久選手権(EWC)は、昨シーズンと変わらずジョシュ・フック、フレディ・フォレイ、マイク・ディ・メリオの3名でタイトル獲得に挑む。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します