現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトンのレースエンジニアであるピーター・ボニントンが、メキシコGPとアメリカGPに帯同せず

ここから本文です
スポーツ 2019.10.25

ハミルトンのレースエンジニアであるピーター・ボニントンが、メキシコGPとアメリカGPに帯同せず

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスF1でルイス・ハミルトンのレースエンジニアを務めるピーター・ボニントンは、個人的に医療処置を受けるためにイギリスの自宅に滞在することになった。そのためメキシコGPとアメリカGPを欠席するという。ただ、11月の中旬に行われるブラジルGPには、チームに戻ることを希望しているようだ。

 ボニントン不在の間、レースエンジニアの役割は、ハミルトンのパフォーマンスエンジニアを務めるマーカス・ダドリーが代わりに担当することになる。そして、いつもはファクトリーのレースレポートチームを率いるドム・リーフシュタールが、パフォーマンスエンジニアを務める。

    ■フォーミュラE王者ベルニュ、環境問題を訴えるハミルトンに「フォーミュラEに転向すべき」

 ボニントンは、ハミルトンが2013年にメルセデスに加入して以来、ずっと彼のエンジニアリングを担当。ハミルトンが同チームで獲得した4つのタイトル全てに貢献。ふたりは強い関係を築いてきた。レース中にハミルトンが無線で”ボノ”と呼びかけているシーンが放送されることが多いが、その時の相手が、今回欠場するボニントンだ。

 ハミルトンは、早ければ今週末のメキシコで、自身6度目のドライバーズタイトルを決めることになる。ただそうするためには、チームメイトのバルテリ・ボッタスよりも14ポイント多く獲得しなければならない。つまり現実的には、次戦アメリカGPでの載冠の可能性が高そうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します