現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1メカ解説:メルセデスが鈴鹿で見せた”反撃”

ここから本文です
スポーツ 2019.10.23

F1メカ解説:メルセデスが鈴鹿で見せた”反撃”

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスはF1日本GPで1-3位フィニッシュを達成したことで、6年連続でのコンストラクターズチャンピオンを決めた。これは、フェラーリの1999年から2004年までと並び、F1における最長のコンストラクターズチャンピオン連続獲得記録ということになる。

 また、ルイス・ハミルトンも今季のドライバーズタイトル獲得に王手をかけている状態であり、これを達成すれば、メルセデスは史上初の6年連続ダブルタイトル獲得という偉業を成し遂げることになる。

    ■来季のメルセデスF1が目指すのはフェラーリ? ハミルトン「もっとパワーを!」

 メルセデスが印象的なのは、レギュレーション変更を経てもなお、強さを発揮し続けてきたことだ。つまり彼らは、様々な状況に適応することができたということである。

 ただ今シーズンの夏休み明け以降は、急激な進歩を遂げたフェラーリの前に苦戦が続いていた。ただメルセデスは、手を拱いて見ているだけではなかった。状況を打破するため、日本GPに大きなアップデートを投入してきたのだ。

 メルセデスはこのアップデートにより、フェラーリを打ち負かすことを目指してたはずだ。しかしながら、今回投入されたアップデートは、短期間で準備できるようなものではない。これは、2019年の開発計画における、通過点だったはずだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Matthew Somerfield)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します