現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > オートポリスのGT500開発テストで見え隠れした3メーカーの2020年『クラス1+α』への課題

ここから本文です
スポーツ 2019.10.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月16日から大分県日田市のオートポリスでスタートした、スーパーGTの2020年モデルの開発テスト。トヨタGRスープラ、ニッサンGT-RニスモGT500、そして2020年からレイアウトを変更して挑むホンダNSX-GTの3台がそろった初のテストだが、2020年からGT500クラスに導入される『クラス1+α』規定への対応に向け、各メーカーともさまざまなトライを行っていることが見え隠れした。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hys*****|2019/10/19 13:17

    違反報告

    SuperGTの目指す方向はDTM化なんでしょうかね。
    どう見てもSuperGT側がDTMにすり寄っているにしか見えません。
    そのうちタイヤもクムホのワンメイクとなってしまわないか心配ですし
    共通化と言いながらDTMの部品ばかり採用し続けると何れ日本側のメーカーに嫌われ逃げられてしまいますよ。
    ファンからもね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン