現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「タイトルを獲れるマシンを作れなければマックスは移籍する」フェルスタッペン父がレッドブル・ホンダF1に警告

ここから本文です
スポーツ 2019.9.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マックス・フェルスタッペンの父ヨスが、レッドブル・ホンダがタイトルを獲得する力のあるマシンを用意できなければ、2021年以降、マックスがチームに残留する保証はないと示唆した。

 フェルスタッペンとレッドブルとの現在の契約期間は2020年末までとなっている。

    レッドブル・ホンダF1の2020年ドライバーはアメリカGP後に決定と首脳。ベッテル復帰の可能性は否定

「何より重要なのは、マックスがタイトルをかけて戦えるような力を持ったマシンを手に入れることだ」とヨスはZiggo Sportに対してコメントした。

「来年はレッドブルで走る。だが2021年にはあらゆる可能性がある。今の段階では何も動きはないが」

「今は2020年に集中している。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン