現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT岡山公式テストがスタート。初日午前はカルソニック首位。GT-Rがワン・ツー

ここから本文です
スポーツ 2019.3.16

スーパーGT岡山公式テストがスタート。初日午前はカルソニック首位。GT-Rがワン・ツー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月16日、岡山県の岡山国際サーキットで、2019年のスーパーGT最初の公式イベントとなる岡山公式テストがスタートした。午前のセッション1は、路面コンディションのため30分後倒しでスタートし、10時20分にコースオープン。カルソニックIMPUL GT-Rがトップタイムをマークし、MOTUL AUTECH GT-Rが続きニッサンGT-Rがワン・ツーを占めた。GT300クラスはK-tunes RC F GT3がトップタイムをマークしている。

 これまで国内外のサーキットでそれぞれテストが繰り返され、2019年に向けて準備が進められてきたスーパーGT。いよいよ全車が一同に会して行われる公式テストが、3月16日に岡山国際サーキットでスタートした。

    【タイム結果】スーパーGT岡山公式テスト:3月16日午前 セッション1

 前日、サーキットでは搬入が進められていたが、夕刻以降サーキット周辺には雪が降ったため、早朝のサーキット周辺はうっすらと雪化粧。路面も濡れており、コンディションの回復を待って当初予定の9時50分から30分スタート時刻が後倒しされ、10時20分にコースオープンとなった。

 セッション開始時のサーキットは雲も多く肌寒いコンディションとなったが、前年チャンピオンのRAYBRIG NSX-GTが山本尚貴のドライブでコースイン。続々とマシンが続いていった。走行開始直後は濡れている部分も多く、ウエットタイヤでのチェックや焼き入れ等が行われた後、少しずつスリックへ交換するマシンが現れはじめ、中盤以降はドライでの走行となった。

 そんななか、開始から30分も経とうかという頃、GT300クラスのSUBARU BRZ R&D SPORTが1コーナーでコースオフ。グラベルにストップしたため、赤旗が提示された。また、開始50分過ぎにはGAINER TANAX GT-Rがトラブルがあったかヘアピンでストップ。その後もRAYBRIG NSX-GTがヘアピンでコースアウトしたため、合計3回の赤旗が提示されている。

 セッション終盤には日射しも出はじめ、コース上は多くのマシンが周回を重ねることになったが、最終的に午前のセッション1でトップタイムをマークしたのは、これまでセパン、鈴鹿とメーカーテストで速さをみせてきたカルソニックIMPUL GT-R。佐々木大樹が1分17秒852をマークし、トップで走行を終えた。

 2番手につけたのは、松田次生が終盤にタイムを上げたMOTUL AUTECH GT-R。岡山公式テスト最初のセッションは、昨年苦戦を強いられたニッサンGT-Rのワン・ツーという結果となった。3番手はWAKO'S 4CR LC500、4番手はDENSO KOBELCO SARD LC500が続き、5番手にはリアライズコーポレーション ADVAN GT-Rが続いた。ホンダNSX-GT勢の最上位はARTA NSX-GTの6番手となった。

 GT300クラスは、コンディションのため序盤走行を見合わせるチームが多かったが。そんななか終盤にタイムを上げたK-tunes RC F GT3が1分26秒208をマークし首位に。岡山を得意とするHOPPY 86 MCが2番手、。3番手にはGAINER TANAX triple a GT-Rが続き、グッドスマイル 初音ミク AMG、Modulo KENWOOD NSX GT3というトップ5となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します