現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヨーロッパ・ラリー3連覇のカエタノビッチ、フォルクスワーゲンへスイッチしWRC2参戦

ここから本文です
スポーツ 2019.3.12

ヨーロッパ・ラリー3連覇のカエタノビッチ、フォルクスワーゲンへスイッチしWRC2参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ERCヨーロッパ・ラリー選手権で3度のドライバーズチャンピオンを獲得しているカエタン・カエタノビッチが、2019年のWRC世界ラリー選手権WRC2クラスに昇格。満を持しての世界選手権挑戦に向け、これまでのフォード・フィエスタR5から新型フォルクスワーゲン・ポロGTI R5にマシンスイッチして万全の態勢を整えた。

 2015年から2017年シーズンにかけて前人未到のERC3連覇を決めたカエタノビッチは、同年限りでERCへのチャレンジを終了。かねてからの念願であったWRC挑戦に向け、体制構築に全力を注ぐ判断を下していた。

    ヨーロッパ・ラリー初のロシア人王者、史上4人目の連覇に向け、シトロエンへマシンスイッチ

 しかし2018年は不運にも彼のメインスポンサーとなるLotos(ロトス)の運営するロトス・ラリーチームが財政上の理由から5月までその体制と活動計画発表を遅らせる事態となったために、カエタノビッチ初のWRC2挑戦は4戦限りの限定的なイベント参戦に留まっていた。

 その反省を踏まえ、2019年に向けさらなる体制強化を進めてきたERCのレコードホルダーは、これまでのMスポーツ製フィエスタR5からマシンをスイッチすると決断し、新たにオーストリアのトップカスタマー、バウムシュラッガー・ラリー&レーシング(BRR)のオペレーションで新型フォルクスワーゲン・ポロGTI R5をドライブすることを決めた。

「WRCワークス直系のカスタマー担当ファクトリーであるMスポーツ・ポーランドと、この5年間に収めた大きな成功の数々とその功績に心から感謝している」と語ったポーランド出身のカエタノビッチ。
 その4戦限定のチャレンジながら、2018年のWRC2でランキング10位となった40歳の世界戦ルーキーは、トルコとカタルーニャでクラス4位に入るなど、その実績に違わぬスピードを披露した。

 その期待値をもとに、2019年はWRC2へのフル参戦が確定しており、3月末のツール・ド・コルスを皮切りに全7戦へのエントリーを予定している。

「コルシカ島は間違いなく、世界でもっとも過酷なターマックイベントのひとつだ」と続けたカエタノビッチ。

「チームとは事前に可能な限り多くのテストセッションをこなそうと話していて、こうした包括的なテストプログラムは僕自身にとっても初めての経験になる。それだけに、WRC2へのチャレンジが心から待ち遠しいね」

 そのBRRとカエタノビッチ、そして新たな愛機となるポロGTI R5は、この3月中旬に初テストとしてミニサーキットでのシェイクダウンを実施し、カエタノビッチが初めてポロR5のステアリングを握っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します