現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ホンダとの契約がニューウェイにプラスの効果をもたらした」。レッドブル代表、意欲に満ちた技術ボスの姿を喜ぶ

ここから本文です
スポーツ 2019.3.8

「ホンダとの契約がニューウェイにプラスの効果をもたらした」。レッドブル代表、意欲に満ちた技術ボスの姿を喜ぶ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年にパワーユニット(PU/エンジン)をホンダに変更したことが、チーフテクニカルオフィサーのエイドリアン・ニューウェイに新たな意欲を与え、それがいい効果を生んでいると考えている。

 パワーユニット時代に入ってから、メルセデスとフェラーリに後れをとっているレッドブルは、長年のパートナー、ルノーと袂を分かち、ホンダと契約、現状を打破しようとしている。

    レッドブル首脳「目標は5勝以上を挙げてフェルスタッペンでタイトルを獲ること」。マクラーレンは2019年も最後尾との予想も

 レッドブルに4年連続でタイトルをもたらしたニューウェイは、この新しいコラボレーションに刺激を受けていると、ホーナーは語った。

「エンジン変更がチームの全員、特にエイドリアンにとっての刺激になった」とホーナーはSky Sports Newsに対して語った。

「我々のエンジンのパフォーマンスは、トップ勢のエンジンにどんどん近づいている。それが彼に意欲を与えた。ミルトン・キーンズの(ファクトリーの)スタッフと共に、彼は懸命に作業に取り組んでいる」

「いいシーズンになることを期待したい。フェラーリやメルセデスとのギャップを縮めることが我々の仕事だ」

 レッドブルの現在の序列について聞かれたホーナーは、トップ2との差を縮めつつあることは間違いないと、ポジティブな見解を示した。

「第2回テストを終えた段階ではフェラーリが強力そうに見える。それははっきりしている」とホーナー。

「だが、メルセデスもトップか、あるいはフェラーリに近い位置まで行くだろう。彼らはワールドチャンピオンだ。このまま引き離されていくわけがない」

「我々が彼らとのギャップを縮めたことは間違いないと思う。(開幕戦の)メルボルンは特殊なサーキットなので、我々の状況については、最初の3戦が終わった段階で改めて尋ねてほしい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します