現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シロトキン、2019年シーズンはルノーのリザーブドライバーとしてF1に復帰

ここから本文です
スポーツ 2019.2.28

シロトキン、2019年シーズンはルノーのリザーブドライバーとしてF1に復帰

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーF1チームは、セルゲイ・シロトキンを2019年の公式リザーブドライバーに起用することを発表した。

 シロトキンは2018年にウイリアムズで1シーズンを過ごしたが、チームがロバート・クビカと契約したため、そのシーズン末をもってF1グリッドを去ることを強いられた。

    シロトキンがLMP1デビューへ。IMSA併催のWEC第6戦セブリング、更新版エントリーリストが発表

 しかしながら23歳のシロトキンは、F1にまだやり残したことがあると考えており、チームとの関係を保持すると明言していた。

 シロトキンはF1での役割と並行して、SMPからWEC世界耐久選手権に参戦する。彼は以前ルノーで開発業務に従事していたため、チームのことはよく知っているという。

「ルノーF1チームの友人たちと再び合流できたこと、またF1に復帰できたことがとても嬉しい」とシロトキンは語る。

「チームの事はよく知っている。僕は2017年の1年間を、彼らのファクトリーとガレージで過ごしたんだ」

「昨年ルノーがマシン開発において、どれくらい前進したのかに興味がある。ライバル関係にあった昨シーズンは、彼らの仕事を内側から見ることができなかったからね」

「サード兼リザーブドライバーとしてチームに参加できること、そしてニコ・ヒュルケンベルグやダニエル・リカルドとともに仕事ができることを嬉しく思う」
 シロトキンに加えて、ルノーはジャック・エイトケンをテストドライバーに起用することを発表した。今季カンポスからF2に参戦するエイトケンは3年間ルノー・スポール・アカデミーに在籍した後、2019年に卒業している。

 ルノーF1のジュニアドライバーのラインアップは、最後に開発ドライバーの周冠宇が加わることで完成した。

「セルゲイの復帰によって、F1でフルシーズンのレースを経験した者を擁することになる。彼の知見は我々のパッケージ開発において有益なものになるだろう」とルノー・スポール・レーシングのマネージング・ディレクターを務めるシリル・アビデブールは語った。

「ジャックもまた、F1マシンのテストの際に私たちを感心させた。そして周冠宇が経験豊富なチームを引き立たせるだろう」

「今シーズンを乗り切るうえで、彼ら全員が重要な役割を担う。彼ら全員の仕事ぶりを見るのを楽しみにしている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します