現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トヨタ、ホンダ、鈴鹿共催……モースポフェスのGPスクエアイベントが決定。ドライバー&ライダーの”大運動会”も?

ここから本文です
スポーツ 2019.2.25

トヨタ、ホンダ、鈴鹿共催……モースポフェスのGPスクエアイベントが決定。ドライバー&ライダーの”大運動会”も?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月2日(土)と3日(日)に鈴鹿サーキットで行われる「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」。このイベントでの、GPスクエアのイベント詳細が決定した。

 今年の”モースポフェス”は、トヨタ、ホンダ、鈴鹿サーキットの3社による共催として行われる。それに伴い、鈴鹿サーキットのグランドスタンド裏、GPスクエアでも、「特別展示ブース」や「パフォーマンスエリア」、そして「GPスクエアステージ」などで様々なコンテンツが予定されている。

    ■大抜擢のアルボンは掘り出しモノ? トロロッソの期待超える成果

 特別展示エリアは、「World Racing Car EXIHIBITION」と題し、トヨタとホンダの世界で活躍するレーシングマシンやトロフィーが展示されるという。

 トヨタは、ル・マン24時間を含むWEC(世界耐久選手権)に参戦するTS050 Hybrid、WRC(世界ラリー選手権)のヤリスWRC、ニュルブルクリンク24時間を走ったレクサスLFAを展示。また2018年のル・マン24時間トロフィー、同年のWRC優勝トロフィーも披露される。

 一方ホンダは、F1のトロロッソSTR13、NSX GT3、MotoGPのRC213V(レプソル・ホンダ)、EWCのCBR1000RRSP2(F.C.C. TSR Honda France)、トライアル世界選手権のCOTA4RT(レプソル・ホンダ)を並べ、2018年EWCル・マン24時間を制した際の優勝トロフィーも飾られる。

 パフォーマンスエリアでは、ヤリスWRCの走行パフォーマンス、トヨタとホンダのドライバーらによるカート対決、ランドクルーザー200と日野レンジャーのダカールラリー参戦車両による走行パフォーマンス、トライアルバイクショー、トヨタとホンダ、そして鈴鹿8耐参戦ライダーによる運動会……などが行われる。

 GPスクエアステージでは、ドライバーやライダーのトークショー、パフォーマンスエリアでのイベントと連動したステージが展開されるという。

 いよいよ今週末に迫ったトヨタとホンダ、そして鈴鹿サーキット共催の「モースポフェス2019」。鈴鹿サーキットの公式ホームページに掲載されている”特別招待券”を提示すれば、無料で入場できる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します