現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ELMS:2019年は3クラス合計41台が集結。最高峰LMP2ではカーリンがシリーズデビュー

ここから本文です
スポーツ 2019.2.19

ELMS:2019年は3クラス合計41台が集結。最高峰LMP2ではカーリンがシリーズデビュー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ACOフランス西部自動車クラブが統括するELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズは2月12日、2019年シーズンのフルシーズンエントリーリストを発表。LMP2、LMP3、GTEクラスから計41台が名を連ねた。

 欧州を転戦するスポーツカーシリーズであるELMSは2019年シーズンも4月12~14日に行われる開幕戦ル・キャステレ(ポール・リカール)4時間レースを皮切りに、モンツァ、バルセロナ、シルバーストン、スパ・フランコルシャン、ポルティマオという全6ラウンドで、各4時間の耐久レースが実施される予定だ。

    ELMS:最大45kgの重量増に。2019年からGTEクラスにサクセスバラストを導入

 今回エントリーリストに掲載された41台は、それぞれのクラス王者とランキング2位に付随する2020年ル・マン24時間への自動エントリー権獲得を目指してシリーズを戦っていくことになる。

 そんな2019年シーズンに臨むのはLMP2クラスが18台、LMP3は14台、GTEでは2014年以来最多となる9台だ。

 LMP2クラスでは昨年、最終戦を待たずしてシリーズチャンピオンを決めたロマン・ルシノフ率いるGドライブ・レーシングをはじめ、WEC世界耐久選手権にも参戦しているドラゴンスピード、リジェJS P217ユーザーのユナイテッド・オートスポーツ、パニス・バルテズ・コンペティションなどの継続参戦が決定。

 その一方で、昨シーズンLMP3クラスのチャンピオンとなったRLR・Mスポーツが元F1ドライバーのブルーノ・セナを擁して新規参戦するほか、同じくLMP3クラスからインターユーロポール・コンペティション、クール・レーシング、BHKモータースポーツがステップアップを果たす。

 さらに、イギリスの名門シングルシーターチームであるカーリンが、唯一のダラーラP217ユーザーとしてELMSに乗り込んでくることが決まり、注目が集まっている。

 LMP3クラスでは10台のリジェJS P3と4台のノルマM30が激突。前述のRLR・Mモータースポーツやインターユーロポール・コンペティションをはじめ、2017年王者のユナイテッド・オートスポーツや、360レーシング、ニールセン・レーシングがそれぞれ2台体制を敷く。

 なお、リジェとノルマ、いずれのシャシーでもニッサンのLMP3用ワンメイクエンジン“VK50VE”が用いられる。

■ケッセル・レーシングは83号車フェラーリに女性ドライバー組を設定

 今季から戦績に応じた“サクセスバラスト”が導入されるGTEクラスは、5台のフェラーリ488 GTEと4台のポルシェ911 RSRががっぷり四つの様相をみせる。

 ディフェンディングチャンピオンであるプロトン・コンペティションは88号車ポルシェとともに、WECの元GTEプロクラス王者リチャード・リエツを迎えた77号車ポルシェを走らせる予定だ。なお、77号車ポルシェはチーム名をデンプシー・プロトン・レーシングとしている。

 この他のポルシェ陣営はEBIモータース、WECのGTEアマクラスに参戦中のプロジェクト1の2チームだ。

 対するフェラーリ陣営は、強豪JMWモータースポーツに加え、WECやAsLMSアジアン・ル・マン・シリーズにもフェラーリで参戦しているスピリット・オブ・レース、2台中1台をオール女性ドライバーの布陣としたケッセル・レーシングをラインアップ。

 さらに、スピリット・オブ・レーシングによって運営される、スイスのルジッヒ・レーシングを新たに迎え2年ぶりのタイトル獲得に向けて体制を強化している。

 全6戦で争われる2019年ELMSは開幕直前の4月8~9日にポール・リカールで公式プレシーズンテストが行われ、同じ週の週末に開幕戦ル・キャステレ4時間レースが開催される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します