現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トヨタ、初開催のWECセブリング1000マイルレースに備え、同地で事前テスト実施へ

ここから本文です
スポーツ 2019.2.5

トヨタ、初開催のWECセブリング1000マイルレースに備え、同地で事前テスト実施へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TOYOTA GAZOO Racingは、今週火曜日から3日間の日程で、2台のTS050 Hybridをセブリングで走らせる予定だ。このテストには、6人のレギュラードライバー全員も揃う予定で、夜間走行テストも実施されることになっている。

 今季のセブリング1000マイルレースは、WEC(世界耐久選手権)として同シリーズが2012年に復活して以来、初めて同地で行われるレース。

    ■小林可夢偉、今季はスーパーGTに参戦せず? WEC専念を示唆

 TMG(トヨタ・モータースポーツ)のテクニカル・ディレクターであるパスカル・バセロンは、このテストについて「興味深い」としながらも、必須なものではないと主張した。

「絶対に必要というわけではない。我々はこれまでに多くのモデルベースの開発を行ってきた。そして、ポルティマオ(アルガルヴェ・サーキット)の路面の凹凸が、セブリングと同じようなものだと結論付けたのだ」

 そうバセロンは説明した。

「我々はこのテストを行わないことを何度も検討した。しかし最終的には、(テストを行うことを)予算内に収めることができた」

 なおこのテストは他のチームも参加することができるという。そのため、チップ・ガナッシのフォードGT(LM-GTE Pro)や、ドラゴンスピードのLMP1とLMP2マシン、そしてジャッキー・チェン・DCレーシングのLMP2チームなども走行予定とみられている。

 なおセブリング1000マイルレースが行われる週末には、IMSAのセブリング12時間レースも予定されており、いわゆる”ダブルヘッダー”で行われる。これに対応するため、バックストレートには新たなピットレーンが作られており、今週のテストから使用が開始される予定だ。

 なおWECの1000マイルレースは、3月15日(金)の午後4時にスタート。そしてセブリング12時間レースは3月16日(土)の朝にスタートする予定となっている。

※いずれも現地時間。日本とセブリングの時差は13時間(サマータイム時)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Gary Watkins)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nya*****|2019/02/05 15:21

    違反報告

    WEC1000マイルの後に続けざまでIMFA12時間耐久レースを開催?
    コースの整備とか大丈夫なの?
    シリーズが違うってことは観客も基本的に入れ替え制なのかな?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します