現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピレリ、“新名称”による2019年シーズン開幕4戦のタイヤコンパウンドを発表。カラーは3色のみに

ここから本文です
スポーツ 2018.12.11

ピレリ、“新名称”による2019年シーズン開幕4戦のタイヤコンパウンドを発表。カラーは3色のみに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1のタイヤサプライヤーを務めるピレリは、2019年シーズンの開幕4戦で使用するタイヤコンパウンドを発表。このシーズンよりタイヤの名称やカラーが新しくなることがすでに決まっており、それも併せての発表となった。

 2018年シーズンまでは、最も軟らかいハイパーソフトタイヤから最も硬いスーパーハードタイヤまでの全7種類のタイヤを使用し、各コンパウンドを色分けしていた。

    「2019年F1タイヤに僕らの要望はまだ反映されていない」。テストを終えたドライバーたちが第一印象を語る

 しかしこれでは複雑だという意見が挙がり、2019年シーズンに向けて簡素化しようという動きがあった。


 ピレリによると、2019年に使用するコンパウンドは全部で5つとなる。最も硬いタイヤを『C1』と表し、以降はコンパウンドが柔らかくなるにつれて数字が増え、最も柔らかいものを『C5』と表記する。

 また、タイヤの色は全部で3種類。白がハードタイヤ、黄色がミディアムタイヤ、赤がソフトタイヤとなる。

 さらにピレリの発表では、以下の4項目が確定している。

(1)各ドライバーは予選Q3に向けて、その週末に持ち込むタイヤの中で最も柔らかいタイヤを1セット残しておかなければならない。Q3に進出したドライバーはそのタイヤを使用し、予選後にピレリに返却する。Q3に進出できなかったドライバーは、決勝レースに向けてキープすることになる。

(2)各ドライバーは、決勝レースで使用する2種類のタイヤを残しておかなければならない。

(3)レースウィークには13セットのタイヤを持ち込むが、その内の10セットをチーム側が自由に選ぶことができる。

(4)長距離の移動を伴うグランプリについては、そのレースの14週間前までにタイヤを選択しなければならない。なおヨーロッパで行われるレースについては、タイヤ選択の期限は8週間前となっている。

■2019年:各レースの使用コンパウンド開催国C1C2C3C4C5第1戦オーストラリア〇〇〇第2戦バーレーン〇〇〇第3戦中国〇〇〇第4戦アゼルバイジャン〇〇〇

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します