現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポルシェ、『911 GT2 RSクラブスポーツ』を200台限定生産。GT2カテゴリー提唱のSROと調整も

ここから本文です
スポーツ 2018.11.29

ポルシェ、『911 GT2 RSクラブスポーツ』を200台限定生産。GT2カテゴリー提唱のSROと調整も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポルシェは11月28日、アメリカ・ロサンゼルスで開催されているロサンゼルスオートショーで、新型『ポルシェ911 GT2 RSクラブスポーツ(Clubsport)』をワールドプレミアした。

 200台限定生産となるGT2 RSクラブスポーツは、2017年10月にニュルブルクリンク北コース“ノルドシュラフェ”で当時の量産車レコードタイムを更新した911 GT2 RSをベースに造られた最新レーシングバージョンだ。

    ポルシェ911 GT2 RS MR、2018年7月に塗り替えられたロードカーのニュル北コース最速ラップを再更新

 同車はその名のとおり、各地のクラブスポーツイベントや多数のモータースポーツイベントに投入されることが想定されるが、ポルシェとしても今後“GT2 RS Clubsport”を開催する予定だ。また、ポルシェは911 GT2 RSクラブスポーツが、ブランパンGTシリーズを運営するSROモータースポーツ・グループの提唱する、700馬力超の新カテゴリー“GT2”へ参加できるよう、同グループと協議を進めているという。

 そんな新型レーサーのパワートレインには、最高出力700馬力(515kW)を発揮する3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンと、7速ポルシェ・ディアルクラッチ・ギアボックス(PDK)が組み合わされる。この構成は911 GT2 RSをベースに開発され、今年9月にアメリカ、ラグナ・セカで発表された新型『ポルシェ935』と同じものだ。

 スタイリングはフロントバンパーの左右にカナード、リヤに大型スポイラーを設けるなど、レーシングカーそのもの。車重は1390kgに抑えられ、トラクションコントロール、アンチロックブレーキシステムなどを含む電子制御、ポルシェ・スタビリティ・マネジメント(PSM)を装備する。

 これらの電子制御は、レーシングバケットシートと6点式シートベルト、エアコンを備えるコクピットのセンターコンソールで調整することができ、機能をオフにして走行することも可能だ。

 この他、カーボン製ステアリングの後方にはカラーディスプレイを設置。これは2019年型FIA-GT3カー、ポルシェ911 GT3 Rにも採用されている最新デバイスだという。

■ポルシェ911 GT2 RSクラブスポーツ 諸元
ベース車:ポルシェ911 GT2 RS(タイプ911.2)
車重:1390kg
車両寸法:
 全長 4743mm
 全幅 1978mm
 全高 1359mm
ホイールベース:2457mm
エンジン:水冷3.8リッターフラット6ツインターボ
トランスミッション:7速PDKギアボックス(パドルシフト)
タイヤサイズ:フロント 27/65-R18/リヤ 31/71-R18(いずれもミシュラン)
生産台数:200台

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します