現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピレリ「戦術的に興味深いレースが見られた」。11月27~28日に2019年型タイヤテストを実施

ここから本文です
スポーツ 2018.11.27

ピレリ「戦術的に興味深いレースが見られた」。11月27~28日に2019年型タイヤテストを実施

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018アブダビグランプリ決勝
メルセデスのルイス・ハミルトン、ウルトラソフト-スーパーソフトと繋ぐ1ストップ戦略で優勝

2ストッパーのバルテリ・ボッタス以外の全ドライバーが1ストップ戦略を採用

    元F1王者ロズベルグ、タイトルを逃したフェラーリを分析。「詰めが甘く、まとまりに欠ける」

各チームはアブダビに留まり、2日間テストに臨む。2019年型タイヤを初めて試す
2018年11月25日、ヤス・マリーナ

 ルイス・ハミルトンが、予測通りのウルトラソフト-スーパーソフトと繋ぐ1ストップ戦略で、2018シーズン最終戦をポール・トゥ・ウインで制しました。この日、ピレリのタイヤサプライヤー契約が2023年まで延長されることが発表されました。

 バーチャルセーフティーカー導入周回中の序盤にピットストップを行なったハミルトンは、スーパーソフトによる48周の長いファイナルスティントを走行しました。

 ともにフロントロウからのスタートを逃したフェラーリとレッドブルは、力強いレース運びによって、セバスチャン・ベッテルが2位を、マックス・フェルスタッペンが3位を獲得しました。トップ3チーム中、ただ一人ハイパーソフトでスタートしたフェルスタッペンは、セーフティーカーとバーチャルセーフティーカーの導入にも助けられ、17周のオープニングスティントを走行しました。

 ハミルトンは、2018年ピレリ・ポールポジションアワードを受賞しました。ドライバーズパレードが行われる前、今シーズン11回のポールを獲得したハミルトンを讃えて、刻印が施された実物大のレースタイヤがハミルトンに授与されました。

ピレリカーレーシング責任者マリオ・イゾラのコメント
「ほぼ全ドライバーが予測通りの1ストップ戦略を採りましたが、戦術的に興味深いレースが見られました。また、レースに影響は無かったものの、パラついた雨には皆驚いたことと思います」

「序盤にピットストップを行なったハミルトンがスーパーソフトによる長いファイナルスティント走行した一方、4位を獲得したダニエル・リカルドは逆の戦略を採り、ウルトラソフトによる長いオープニングスティントと、スーパーソフトによる短めのファイナルスティントを走行しました」

「ハイパーソフトでスタートしたマックス・フェルスタッペンは、3つポジションをアップして3位を獲得しました。我々は、これから気持ちを切り替え、来シーズンに向けての作業に集中します」

「火曜日と水曜日、ドライバーたちは初めて2019年型タイヤをテストします。ここでは、比較用に今シーズンのタイヤも使用できます。最後に、素晴らしいFormula1のキャリアを残したフェルナンド・アロンソに敬意を表し、彼の今後の健闘を祈ります」

コンパウンド毎のラップタイム上位
スーパーソフト
セバスチャン・ベッテル 1分40秒867
ダニエル・リカルド 1分41秒249
カルロス・サインツJr. 1分41秒351

ウルトラソフト
バルテリ・ボッタス 1分40秒953
ケビン・マグヌッセン 1分42秒822
ダニエル・リカルド 1分43秒202

ハイパーソフト
マックス・フェルスタッペン 1分44秒045
エステバン・オコン 1分45秒919
シャルル・ルクレール 1分45秒931

最長スティント
スーパーソフト
ブレンドン・ハートレー 53周

ウルトラソフト
カルロス・サインツJr. 37周

ハイパーソフト
エステバン・オコン 18周

ピットストップ戦略
 ルイス・ハミルトンが、我々が予測した1ストップ戦略で優勝しました。序盤のセーフティカーとバーチャルセーフティカー導入の影響もあり、ウルトラソフトでスタートしたハミルトンは、7周目にスーパーソフトへ交換しました。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します