現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、テストと来シーズンを見越してアブダビGP決勝で追加センサーを搭載。タイトル5連覇も抜かりなし!

ここから本文です
スポーツ 2018.11.27

メルセデス、テストと来シーズンを見越してアブダビGP決勝で追加センサーを搭載。タイトル5連覇も抜かりなし!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週2日間にわたってアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行われるF1合同テスト。このテストは、2019年用タイヤの構造とコンパウンドを確認するのが主な目的である。

 来季からはオーバーテイク促進のため、空力に関するレギュレーションが大きく変更されることとなっている。そのため、チームとしては今回のアブダビテストでも、その新しい空力パーツを試したいところだ。しかし今回のテストでは、レースで使ったことのないパーツの使用は禁止されており、来季用のウイングなどをマシンに取り付けることはできない。

    ■山本尚貴、F1挑戦への夢を再確認……アブダビGP視察を終えた心境を語る「自分からチャンスを手放したくない」

 このルールはまた、チームがフリー走行などで使うことが多い追加センサーも使用できないということも意味している。

 しかしこの規制の網をかいくぐったのはメルセデスだ。メルセデスはアブダビGPでルイス・ハミルトンのマシンに追加センサーを取り付け、レースを戦った。つまりこのセンサーは”レースで使用したパーツ”とみなされることになるため、今回のタイヤテストでも装着可能と判断されるはずだ。

 写真でも分かる通り、フロアの後端部、リヤタイヤの直前には、5つのピトー管が立てられており、サイドポンツーン後方下部のえぐられた部分を通過する気流を計測できるようになっていた。

 この追加センサーを搭載できる効果は、とても大きい。

 マシン周辺に乱気流を生む大きな原因のひとつはリヤホイールである。このセンサーを活用することにより、ピレリの2019年用タイヤの走行中の歪みがどんな影響を及ぼすのかを、計測することができるはず。構造やコンパウンドが変われば、その変形の仕方も変わるはずであり、その影響を他チームより先に把握できるということは、それだけアドバンテージを手にできるということに繋がる。

 5年連続でのダブルタイトルを獲得したメルセデス。6連覇に向けても、その貪欲な姿勢は揺るがない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble, Giorgio Piola)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します