現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「フェルスタッペンが僕を良いドライバーにしてくれた」とサインツJr.。両者の関係性についての噂も否定

ここから本文です
スポーツ 2018.11.20

「フェルスタッペンが僕を良いドライバーにしてくれた」とサインツJr.。両者の関係性についての噂も否定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年にマクラーレンF1チームに加入するカルロス・サインツJr.は、トロロッソ時代のチームメイトであり、ライバルであるマックス・フェルスタッペンのおかげでより良いドライバーになることができたと考えている。

 両ドライバーは2015年に、鳴り物入りで同時にF1デビューを果たしている。ふたりのトロロッソでの戦いは拮抗していたものの、結果的に1年後の2016年スペインGPでレッドブルへと昇格したのはフェルスタッペンであり、彼はこのときのレースで勝利を収めた。

    アロンソ、マクラーレンF1は2019年に大きく改善すると確信「7月から来季用パーツをテストしている」

 サインツJr.は2017年シーズン終盤にルノーへレンタル移籍することになり、2019年は同チームに留まるか、ダニエル・リカルドの後任に就き、再度フェルスタッペンとコンビを組むことになると予想されていた。

 しかしながらレッドブルがピエール・ガスリーをトロロッソからレッドブルへと昇格させるという決定を下したため、どちらのシナリオも実現には至らず、サインツJr.はマクラーレンに従事することとなった。

 フェルスタッペンとの時代を振り返ったサインツJr.は、ふたりの関係性は多くの人々が考えるようなものではなかったと主張している。

「誰もが僕らは互いを嫌っていたと思っているが、これはまったく事実ではない」と24歳の彼はFormula1.comのポッドキャスト配信で語った。

「ファンはいつも僕らの関係についての質問をしてきた。僕自身の友人たちでさえもね」

「僕らは仕事以外でも大いに楽しく過ごし、人々が考えるよりもずいぶんと上手くやっていた。僕らは自分たちのキャリアのために戦っていると分かっていたから、コース上では驚くほどの競争力を発揮した」

「僕としては彼のことを、疑いようもなく最も才能あるドライバーのひとりであると思っている。彼は僕のレベルを引き上げ、より良いドライバーにしてくれたんだ」
 サインツJr.は、フェルスタッペンが彼のレッドブルへの復帰を拒否したという噂についても否定した。

「分からないけれど、それは違うだろう。そういったことにドライバーが影響力を持っているというのは考えにくい」

「彼に聞くとしたら、とても難しい質問になるけれど、僕らは上手くやってきたと思っている。もちろんライバル関係ではあるが、彼がヘルムート(・マルコ)やクリスチャン(・ホーナー)のところへ行って、『カルロスはいやだ』なんて言うとは思えない」

「第一に、そんなことを口にしたら弱く見えてしまう。チームボスのところへ出向いて、『彼をチームメイトにしたくない』なんて言ったら、弱いみたいに見える」

「それに、彼がそんなことを言うとは思っていないよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します